• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!














































    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > メドック > メドック格付け > シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド

    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > メドック > ポイヤック

    シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテスト・ド・ラランド 1959 赤 <br>Chateau Pichon Longueville Contesse de Lalande 1959  スピード出荷

    シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテスト・ド・ラランド 1959 赤 
    Chateau Pichon Longueville Contesse de Lalande 1959 スピード出荷

    • スピード出荷品

    商品番号 W-BD13102909

    価格79,900円(消費税込:86,292円)

    [799ポイント進呈 ]

    申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

    クール便でお届けします



    お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
    レビューを書く

    メドック2級の名高いワイナリー!スーパーセカンドとして名高いワイナリーの掘り出し物ヴィンテージ!

    このワインについて

    カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド。カシス等の黒果実やシダの香り。複雑味ある味わいと滑らかなタンニンが骨格を造り、熟成感のある余韻ある味わいを造ります。

    生産者について

    シャトーそのものはジロンド川近くにありますが、ブドウ畑のほとんどはシャトーの西側にあり、畑そのものはジロンド川から離れた場所にあります。しかし内陸部にある訳ではなく、ジロンド川からもたらされる、霜の害や夏の急激な温度上昇の回避といった恩恵に守られています。

    コンテス・ド・ラランドの畑は合計「87ha」あり、76haはポイヤックに、11haはサンジュリアンに位置しています。サンジュリアンにある畑のぶどうからは別キュヴェが造られます。

    76haの一部はシャトー周辺にあります。この場所はラトゥール、ピション・ロングヴィル・バロンと、オーナーが次々と替わった土地で「昔は各シャトーで区画の交換が時折り行われていた」という場所でした。シャトーの西側にあるぶどう畑はサンジュリアンとの境界線から谷間を上るようにぶどうが植えられています。

    「アタックはあくまでデリケートに。しかし中間から一気に広がる圧倒的な果実味、そしてフィニッシュには遠慮しない。」をモットーに掲げ、エレガンスと力強さを合わせ持つ、しなやかなスタイルは「ポイヤックの貴婦人」として一目置かれています。

    酒質は女性的、メルロの比率が高く、滑らかな口当たり、ふくよかで柔らかな味わい、アルコールの温かみを感じさせ、エレガントな余韻を残します。新樽比率を敢えて50%に抑えることで、よりフルーティーで女性的なワインを造り出しています。

    それだけでなく長期熟成に向いており、10〜25年熟成できるタンニンとコクも持ち合わせています。優しさと逞しさを併せ持つ、「しなやかな女性のようなワイン」と言えます。この女性的なワインといわれる理由として、ランクザン女史の叔父でミアイユ家がシャトーを手に入れた際の兄弟であるルイ・ミアイユがタンニンを抑えるためにメルロの比率を増やしたからと言われています。

    しかし、現在ではカベルネ・ソーヴィニヨンの熟度が良くなっているため、メルロのふくよかさに頼らなくとも、タニックな風味を和らげることが可能になってきているという理由で、メルロ、カベルネ・フランを減らし、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を上げています。