• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!


































































    商品カテゴリ一覧 > ブルゴーニュ > その他地域のブルゴーニュ





    2016年より 正規輸入ルートが久しぶりに開通!


    ムルソー村の中央に居を構え、この地に古くから根を張ってきた名門ドメーヌ、 フィリップ・ブーズロー のブルゴーニュが入荷して参りました!


    昔からファンの方もいらっしゃるかもしれませんが、 「まさにムルソー!」 というべきリッチでパワフル、かつエレガントな王道スタイルを楽しませてくれる、期待を裏切らない注目の生産者なんです!



    フィリップ・ブーズローはさすがムルソーの名門らしく、ペリエール、ジュヌヴリエール、シャルムといった有名どころをはじめ、ムルソーに広く畑を所有しており、それぞれのテロワールの表現も得意としています。


    そんな中でもまず今回は、コストパフォーマンスという面で非常に素晴らしい 「ブルゴーニュ・シャルドネ シャトー・ド・シトー」 をご紹介!


    その内容を簡単に言えば、 濃密かつ繊細な贅沢ブルゴーニュ!



    ナッツの風味が香り、ゴージャスに樽が効いて、果実味とボリューム感たっぷり、もはや 村名ムルソーと言って出されたとしても納得してしまいそうなほど の高いクオリティを備えているんです!


    そもそもこのワインに使われているのは、PULLANS、MILLERANDS、MURGERS DE LIMOZINなどといった、 ムルソーの区画で栽培されたブドウ が中心となっており…



    ●素材からしてムルソーに限りなく近いブルゴーニュ!



    だったというわけ、これは 美味しいのも当然な贅沢仕様 です!


    とはいえ格付け的にはAOCブルゴーニュ、村名ムルソーよりもはるかに安く入手できるので、リッチなシャルドネがお好みの方にはきっとご満足頂けると確信しております!



    フィリップ・ブーズローでは、自社畑のワインに 「シャトー・ド・シトー」 という名をつけており、購入ブドウで造ったネゴシアンラベルと区別をつけています。


    シャトー・ド・シトーはムルソーにある美しい白亜の城で、一時期はブーズロー家が所有していたものの、2010年に管理維持などの問題で売却されてしまいました。


    しかしシャトーの目前に広がっている、 モノポールの「ヴュー・クロ・デュ・シャトー・ド・シトー」 は、ドメーヌの象徴として変わらず手元に残る事に。


    その歴史はなんと1098年にまで遡り、一説にはクロ・ド・ヴージョより早くブドウが植えられたとも言われるほど古い畑で、厚みがありつつ繊細なムルソーを産出する、フィリップ・ブーズローの大切な財産になっています。



    ところでムルソーには、「ブーズロー」と名のつくドメーヌが多いのですが、その中でもフィリップ・ブーズローの人気は 抜群の一言。


    様々なワインメディアで高評価、3つ星レストランの採用実績もあり、フランスの愛好家からは大変な人気で、生産量の6割が国内で消費されてしまうのだとか。


    その腕は間違いなく、 ムルソーの生産者として一流!


    まずは秀逸なコスパのブルゴーニュ・シャルドネ、そして純粋なテロワールが表現された、珠玉のムルソーたちをお楽しみください!



    ブルゴーニュ・シャルドネ シャトー・ド・シトー 2016 フィリップ・ブーズロー 白 <br>Bourgogne Chardonnay / Philippe Bouzereau  スピード出荷

    ブルゴーニュ・シャルドネ シャトー・ド・シトー 2016 フィリップ・ブーズロー 白 
    Bourgogne Chardonnay / Philippe Bouzereau スピード出荷

    • スピード出荷品

    商品番号 W-BG15133148

    価格2,750円(消費税込:2,970円)

    [28ポイント進呈 ]

    在庫数:7

    数量
    クール便でお届けします



    お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
    レビューを書く

    濃密かつ繊細な贅沢ブルゴーニュ

    このワインについて

    濃密かつ繊細な贅沢ブルゴーニュ。 ナッツの風味が香り、ゴージャスに樽が効いて、果実味とボリューム感たっぷり、もはや 村名ムルソーと言って出されたとしても納得してしまいそうなほど の高いクオリティを備えています。

    そもそもこのワインに使われているのは、PULLANS、MILLERANDS、MURGERS DE LIMOZINなどといった、 ムルソーの区画で栽培されたブドウ が中心となっており素材からしてムルソーに限りなく近いブルゴーニュです。

    生産者について

    ドメーヌ・フィリップ・ブズローはムルソーで9世代に渡って受け継がれてきた家族経営のドメーヌです。畑や醸造設備と共に村の中央にあるシャトー・ド・シトーも受け継いで来ました。この城は1098年からシトー派の修道士によってここでワインが造られて以来現在までその建物は守られています。一時この城を所有していたブズロー家ですが2005年に売却。ただ城の前に広がる畑は現在も所有しています。 現当主フィリップ・ブズロー(先代と同名)は2006年にドメーヌを受け継ぎ、20種のワインを生産しています。

    ブズローではムルソー1級の御三家とも言えるペリエール、ジュヌヴリエール、シャルムの全てや、ピュリニーの1級シャンガンも所有。シャトー・ド・シトーにあるモノポール、ヴュー・クロ・デュ・シャトー・ド・シトー(“古い区画”の意。クロ・ヴージョと同じ1100年頃が起源とされる)や村名の優良畑レ・グラン・シャロン、クレマン等もあります。

    厳格なリュットレゾネで栽培され、化学肥料や除草剤、殺虫剤などは一切不使用です。 リューディ毎に異なる個性を純粋に表現することを心がけ、古き良き自然で生態系や人に影響を与えない持続可能な栽培を実践しています。これは「星の王子様」で有名なサン=テグジュペリの「この地は先祖から受け継いでいるのではない、未来の子供達から借りたものだ。」という言葉を大切にしているからです。

    また、畑の個性を活かす為に新樽比率は低く抑えています。そのおかげでブズローのワインは純粋な畑のテロワールを素直に感じる事が出来ます。生産の6割はフランス国内で消費され、またパリの3つ星ピエール・ガニャールやアルザスの2つ星ル・クロコディール等著名なレストランでも採用されたり、デキャンター誌、ギ・ド・アシェット誌の常連となるなど、毎年高く評価されています。