トップ > ボルドー > メドック > メドック格付け > シャトー・デスミライユ

トップ > ボルドー > メドック > マルゴー

シャトー・デスミライユ 2014 赤 <br>Chateau Desmirail   スピード出荷
シャトー・デスミライユ 2014 赤 <br>Chateau Desmirail   スピード出荷

シャトー・デスミライユ 2014 赤 
Chateau Desmirail スピード出荷

  • スピード出荷品
  • スピード出荷品

商品番号 W-BD17062710

価格7,139円(本体価格:6,490円)

[65ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

クール便でお届けします




お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

パーカーポイント 88+点

このワインについて

シャトー・デスミライユは、フランスでも名のあるワイン銘柄の一つです。とりわけ、ボルドーワインの中においてシャトー・デスミライユの名を知らないワインラヴァーはいないでしょう。

飲み頃が続く期間は、もちろん、ヴィンテージによって異なりますが、収穫後3年から12年ぐらいでしょうか。ただし、マルゴー村のスタイルを体現したエレガントなワインは、ブレンドされるメルロが比較的多いため、若いうちからすぐにも十分楽しめるワインでもあります。マルゴーの中でも秀逸のテロワールを表現したデスミライユのワインは、フィネスとエレガンスをあわせ持つ、舌触りがなめらかな繊細な味わいです。

生産者について

シャトー・デスミライユは、ボルドー地方のオーメドック地区 カントナック村に位置する格付けシャトーです。

その歴史は、1661年に、ローザン家がその畑を買ったことに始まります。デスミライユという名前は、17世紀の終わり以降、メドック地区のワイン生産とずっと関連し続けていますが、それは、ボルドー議会の弁護士、ジャン・デスミライユが妻との結婚の際に妻の一族からもたらされた土地に、自らの名前を付けたことに由来します。

その後、1855年のパリ万博の年にメドックの格付けがされるまでシャトー・オーゾンヌの家系のデスミライユ家が、シャトーを所有していましたが、格付けがなされる前から、そのワインは名声を博していました。

以後、シャトー・マルゴーの支配人、シピエル氏がシャトーを購入し、彼の下で、シャトーは、第3級に格付けされました。その後、シャトーは、様々な持ち主の手に渡ることになります。

例えば、20世紀初頭の一時期、著名な作曲家メンデルスゾーンの甥のロバート・メンデルスゾーンが所有したこともありました。第一次世界大戦後、シャトーは、一時、敵国資産として国に没収されたり、北フランスの手袋メーカーが購入したり、建物と畑が別々の所有者になったりして、デスミライユの名前は、残念ながら、消滅したも同然になりました。

第二次世界大戦前に、シャトー・パルメが購入し、しばらく所有しました。ボルドーワインを体現するといっても過言ではないルシアン・リュルトン氏は、いろんな持ち主に細かく分散した畑を買い集め、1980年、シャトー・パルメから最後の畑を買い戻しました。そして、ここに、ようやく、シャトー・デスミライユの名前が復活し、1983年以降、ワインの品質が回復し、3級格付けに恥じないものとなりました。

1992年、ルシアン氏の死後、彼の10人の子供が土地を引き継ぎましたが、兄弟の一人、弁護士のデニ氏がシャトー経営を引き継ぎ、シャトーの発展のため、全力を注いでいます。

pick up
今週の5選!ドラジェ本店限定プレミアムセール

6本限定!
4本限定!
1本限定!
2本限定!
3本限定!
ボーヌ プルミエ・クリュ クロ・デ・マルコネ 2000 シャンソン 赤
プイイ・フュイッセ テット・ド・キュヴェ 2021 シャトー・フュイッセ 白
ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・フォラティエール 2016 エティエンヌ・ソゼ 白
ヴォルネイ プルミエ・クリュ クロ・ド・ラ・シャペル 2016 ドメーヌ・クロ・ド・ラ・シャペル 赤
ポマール 2018 カミーユ・ジロー 赤
税込通常16,280円→
税込通常5,720円→
税込通常47,300円→
税込通常20,350円→
税込通常9,438円→
14,080円
5,258円
44,000円
18,150円
8,888円