• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!
    キャッシュレス還元事業対象クレジットカードは5%還元中!


































































    商品カテゴリ一覧 > イタリア > イタリアの注目生産者 > テヌータ・ディ・トリノーロ

    商品カテゴリ一覧 > イタリア > トスカーナ > スーパータスカン

    マニャコスタ 2013 テヌータ・ディ・トリノーロ 赤 <br>Magnacosta / Tenuta di Trinoro   スピード出荷

    DMコード:0923マニャコスタ 2013 テヌータ・ディ・トリノーロ 赤 
    Magnacosta / Tenuta di Trinoro スピード出荷

    • スピード出荷品

    商品番号 W-IT16010701

    当店通常12,900円(税抜)のところ
    価格11,500円(消費税込:12,650円)

    [115ポイント進呈 ]

    ■クール便をご選択の場合は1梱包につき9本までとなります

    在庫数:2

    数量
    クール便でお届けします





    お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
    レビューを書く

    セカンドワインにして、世界のTOP100ワインに選出されるワイナリー

    このワインについて

    広さ約1.5haのカンティーナ横にある畑、「マニャコスタ」。丸みある小石と沖積土でその昔河川によって形成された土地で標高は450m。エネルギッシュで温かみのあるスタイルです。

    カベルネ・フラン100%使用。17度が飲み頃温度。ステンレス・タンクで主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵。熟成はオーク樽熟成8カ月(225L、新樽)その後、セメント・タンク熟成11カ月以上。

    生産者について

    名もない荒地に過ぎなかったトスカーナ・サルテアーノのこの地を、一気に世界レベルへと一躍有名にしたテヌータ・ディ・トリノーロ。1980年頃にここを訪れ、「今では見ることのない100年以上前のトスカーナの田舎を感じた」と語るオーナーのアンドレア・フランケッティ氏が独自で設立したワイナリーです。

    2.5haからはじめたワイン造りは独学で開始。ボルドーのシュヴァル・ブランやヴァランドローといった名立たる生産者の友人から学び、栽培ではフランスの経験豊かな専門チームを呼び寄せたりしました。出来るだけ小さい房、実をつけさせるため植密度を1haあたり10,000株まで上げるなど改革を進め、今では葉の色を見るだけで、ブドウが今何をしているかわかるといいます。そうして生まれたワインは、学んだボルドーのトップ・シャトーにも負けない品質にまで高められました。

    自然と一体となった生活を営みつつ、独自のワインの世界観を持つ彼は、いつしかイタリアワイン界を代表する存在になったと言えます。

    フランケッティ家は中世以降チュニジアからイタリアに渡ってきたと考えられています。

    現在までフランケッティファミリーから排出された人たちのイタリア社会における貢献度は計り知れません。政治家、銀行家、音楽家、学者、芸術家、探検家、パルチザンの英雄などあらゆる分野にわたり活躍したフランケッティの名がイタリア歴史上に現れます。またロスチャイルド家(ロートシルト)とも親戚関係にあります。

    アンドレアも若い頃は映画俳優になるなど、感性豊かな生活を送っていましたが、あるときワインというものが、自分自身を照らしてくれ、自分を表現できる意味ある人生にしてくれると感じ、ローマを離れトスカーナの地でワイン造りを始めることになります。

    彼のワイン造りは独学ですが、全てが発想豊かなアイデアに溢れています。そんな彼を人は「鬼才」と呼び、イタリアワイン界において特別な存在となっています。

    トリノーロでは最高のブドウを得るための努力を一切惜しみません。仕立ては全て膝ほどの高さに揃えられており、非常に作業が大変でまるで盆栽の手入れをしているようです。これにより房が小さくなり非常に凝縮度と複雑な味わいのブドウを育てることができます。

    畑には化学肥料は使いません。フランケッティ氏は科学肥料を使用すると土地のバランスが崩れると考えており、また堆肥は強すぎるので殆ど使用しません。全ては土地に対してソフトでなければならないと考えています。畑の手入れ度合いもイタリアでは最高峰の一つと言えます。

    トリノーロの収穫は類をみない程のチェックが行われており、年によっては40回以上に分かれて行われます。これは区画、もしくは樹1本ずつとってもブドウの成熟度が異なるため、午前は駄目でも午後は収穫可能、ということもあります。毎回のブドウの試食をクリアして収穫された実は、まさに完璧な状態。力強く凝縮感にあふれていながら、決して上品さを失うことなく自信に満ちたワインへと生まれ変わります。

    高い注目を集めるテヌータ・ディ・トリノーロですが、その躍進は、止まることを知りません。「テヌータ・ディ・トリノーロ2009」はワイン・アドヴォケイト誌にて過去最高の99点を獲得したことで脚光を浴びますが、その後も90点以上を獲得し続け、イタリアワインのトップの造り手として走り続けています。

    ワイン・スペクテイター誌ではセカンドワインである「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ 2014」が、93点を獲得。さらに、2016年度末には同誌が発表する、世界のトップ100ワインになんと、世界の高級ワインと肩を並べて29位にランクインします。

    ボルドーやカリフォルニア、ピエモンテなどの銘醸ワインが鎮座する中、セカンドワインにして世界のトップ100に名を連ねるテヌータ・ディ・トリノーロ。彼らの実力はもはや図り知れません。同じ年の「テヌータ・ディ・トリノーロ 2014」はワイン・スペクテイター誌としては最高の94点を獲得しており注目のワイナリーです。