ブドウ品種

【勝沼】白百合醸造のオンラインツアーに参加してみた!

世の中の情勢を受けて急速に拡大した感のあるWebセミナー

味気ないなんて言う方もいますが、メリットもたくさん。我々にとってはそう、離れた土地にいる現地の生産者の方々と直接話のできる機会が持てるんです!

今回は日本ワイン屈指の銘醸地、勝沼にある白百合醸造さんのオンラインツアーのレポートです!

続きを読む

今飲みたい!おススメのオーストラリアワイン15選

「世界最大の島」オーストラリア
ヨーロッパ全体の7割にも匹敵する国土の広さを持ちながら、ワイン産地の栽培面積はボルドー全体の面積よりも少し多い程度。

一言で言えば「多様性の産地」と言われるオーストラリアワインですが、コストパフォーマンスに優れ、庶民の懐にも優しい反面、フランスを代表とするヨーロッパほどワインの評価が定まっていない、というのが悩みの種・・・

そこで今回は細かい産地や歴史、法律の話は一旦置いといて、ドラジェおすすめのワインを紹介したいと思います!

「旨くて安い」を地で行く、オーストラリアワインの世界にようこそ!

続きを読む

家系図から見るワイン用ブドウ品種~セパージュ編~

前回はブドウの家系図を紹介して、ブドウ品種にどんな関係性があるのか、というのを見てきました。

ここまでは自然界のおはなし(一部人工的なものもありましたが・・・)
ここからはそのブドウ品種を人間がどのように活用しているか、というおはなしをしたいと思います。

今回はセパージュ(ブレンド)の秘密を家系図に沿って解明したいと思います!

続きを読む

家系図から見るワイン用ブドウ品種

私たちが普段楽しんでいるワインを造るために必要不可欠なブドウ。

ブドウに品種があることは、もちろんワイン愛好家の方なら当然の常識。ではもっと掘り下げてみてブドウを農産物としてみたとき、品種ってどういう形で決められているのだろう?

興味が湧きすぎて、家系図を作ってしまいました!

今回はワイン用ブドウ品種を家系図から探ってみたマニアックなコラムです!

続きを読む

世界が認める日本固有ブドウ品種、甲州の魅力を再発見!

日本を代表する固有ブドウ品種「甲州」

いまでは世界的に認められたブドウ品種となり、日本のワイン愛好家のみならず、世界中から注目を浴びています。

そんな甲州がブドウ研究者の情熱やワイン愛好家の熱意、そして生産者の優れた技術によって、さらなる進化を遂げています。

今回はその「甲州」の魅力を再発見していきたいと思います。

続きを読む

ソーヴィニヨン・ブラン好きのソムリエによるソーヴィニヨン・ブラン講座

みなさんこんにちは。

ソーヴィニヨン・ブランによってワインの奥深い道へと引きずり込まれ、資格まで取得してしまったソムリエです。


改めてこんにちは。

ソーヴィニヨン・ブラン。このブドウ品種についてどういう感想をお持ちでしょうか。ハーブ香?猫のおしっこ?ジューシー?酸っぱい?ロワール?ニュージーランド?好き?嫌い?

それぞれの感想はあるでしょうが、この記事を見ている方は少なからず、興味がある。という方なのでしょう。そこでソーヴィニヨン・ブラン好きのソムリエによる、ソーヴィニヨン・ブラン好きのための、ソーヴィニョン・ブラン講座を始めたいと思います!

続きを読む

ワイン用語集~略語辞典~

ワインを飲み始めた初心者の方、こんなこと思ったことありませんか?

「ワインの用語って外国語だし、ちゃんと正式名で書かれてないことが多い・・・」
「略語が急に登場してきて意味が分からない・・・」


実際、今やソムリエの資格を持っている筆者も、かつてはそう思っていました。憤りさえしていました。「ちゃんと説明しろー!!」と。
ラベルや説明文にしれっと登場するくせに、調べるときにどうやって調べたらいいかわからない略語が、世の中には多すぎる!


と思って、出来るだけわかりやすく、堅苦しくなりすぎず、資料というより気軽な読み物として読んで頂けるものを作ってみました。
これからワインを勉強していきたい初心者も、いまさら聞けないという中級者も、雑学を増やしたい上級者の方も是非、見てみて下さい!

続きを読む

アリゴテの品種の特徴

アリゴテ種とは、フランス・ブルゴーニュ地方を中心に栽培されているブドウ品種です。このブドウからは、白ワインのみが造られます。ブルゴーニュは栽培面積の80%余にシャルドネとピノノワールが植えられていますが、白ワイン用品種に限って言えば、アリゴテ種は、シャルドネについで2番目に多く植えられていて、ブルゴーニュ全体の栽培面積の6%にあたります。

続きを読む

ゲヴェルツトラミネールの品種の特徴

ゲヴュルツトラミネールは、白ワイン用のブドウ品種です。白ワイン用ブドウ品種は数多くありますが、シャルドネや、ソーヴィニョン・ブランなどに比べると、知名度はやや劣るブドウ品種です。

続きを読む