ワイン好きが喜ぶプレゼントはこれだ!愛好家がもらって本当に嬉しいワイン事典

  • LINEで送る
ワイン好きが喜ぶプレゼントはこれだ!愛好家がもらって本当に嬉しいワイン事典

ワイン好きのあの人に、本当に喜んでもらえるワインを贈りたい。

でも種類が多すぎて、何を選んでいいかわからない…。

そんなお悩みの声が多い事から、今回は「ワイン好きがプレゼントされて本当に嬉しいワイン」について、筋金入りのワイン好き達にリサーチを実施しました!

結果によって得られた様々な意見を集約して、もらって本当に嬉しいワインをこの記事にまとめています。

これを読めばワインの知識が無くても、きっと喜んでもらえるプレゼントが見つかりますよ。

ワイン好きに贈るプレゼントの選び方

ワイン好きに贈るプレゼントの選び方

ワイン好きは一つの銘柄だけに固執しない

具体的な銘柄を検討する前に、ワイン好きの思考を理解しておきましょう。

ビールやウイスキーが好きな方だと、決まったお気に入りの銘柄をいつもチョイスする事が多いですよね。

ところがワイン好きの場合は、同じ銘柄ばかりを毎回飲むっていう人は少数派だと思います。

膨大な種類がある中で、いろいろなブドウ品種を飲み比べる。

同じ生産地でも、ワイナリーやヴィンテージごとに飲み比べる。

様々な銘柄を試して個性の違いを味わいつつ、知識を深める過程を楽しむのが、真のワイン好きの習性なのです。

合格ライン以上ならOK、できれば好みの生産国を聞いておく

とはいえプレゼントされて何でも良いかというと…それはまた別問題。

ある程度「知名度」「格」「品質」などを備えた、一定以上の「合格ライン」に達したワインじゃないと、舌の肥えたワイン好きは満足してくれません。

この記事ではそんな「合格ライン」に達しつつ、リサーチに参加したワイン好きが認めた、文句無しの優良ワインだけを導き出しセレクトしています。

なので大抵のワイン好きは喜んでくれるはずですが…

好みが思いっきり偏っている方も、たま~にいらっしゃるのが難しいところ。

そこで相手の方に、どんな場所のワインをよく飲んでいるのか、好みの産地の名前だけでもヒアリングしておくと良いと思います。

というのもワインって、産地によってある程度味の傾向が似てくるんですよ。

ここでご紹介するワインも、国や産地ごとにまとめて解説しているので、もし可能ならそれとなく聞き出しておきましょう。

値段は高い方がもちろんインパクトがありますが、今回の意見をまとめた印象では、2,000円以上であれば「合格ライン」に入りやすいようです。

これからご紹介するジャンルやカテゴリからセレクトすれば、予算に合わせて幅広く検討できますよ!

ワイン好きが大喜び、フランス・ボルドー地方の格付けシャトー

ワイン好きが大喜び、フランス・ボルドー地方の格付けシャトー

フランスを代表する産地ボルドーと言えば、ワイン好きでなくとも一度は耳にした事があるはず。

今回のリサーチにおいても、「ボルドー・メドック格付けシャトー」は最も多かった回答の一つで、日本の芸能人や女優さんにも愛されています。

ボルドー地方では「シャトー」と呼ばれるワイナリーが、第1級から第5級までランキングされており、その順位は150年以上前からほとんど変わっていません。

この中でも第1級シャトーは、数万円~数十万円オーバーの値段で流通する、文句無しのプレミアムワインとして知られています!

ワイン好きに第1級シャトーをプレゼントしたら、あなたの事が大好きになっちゃうかも…。

第2級から第5級については、物によっては数千円から入手できますが、どれもクオリティはほぼハズレ無しと考えて良いです。

なにしろボルドー地方には、7,000軒近くのシャトーがあると言われていますが、メドック格付けにランクインしているのはわずか61軒のみ。

一番下の第5級でも選び抜かれた精鋭であり、格付けされているという事自体が凄いので、どのシャトーをもらっても喜んでくれると思います。

■メドック格付けシャトーの一覧はこちら

メドック格付けシャトーのおすすめ、第5級カントメルル

シャトー・カントメルル第5級 シャトー・カントメルル

数万円するのが珍しくない「メドック格付けシャトー」の中で、最もリーズナブルな価格帯を実現しているワイナリー。4,000円前後から購入でき、安いとはいえ一定以上のクオリティを備えているので、プチ贅沢の定番として愛飲するワイン好きも多いようでした。ちょっとした手土産にもピッタリ。

メドック格付けシャトーのおすすめ、第1級ムートン・ロートシルト

シャトー・ムートン・ロートシルト第1級 シャトー・ムートン・ロートシルト

第1級シャトーはたった5軒しかなく、別名「五大シャトー」とも呼ばれています。その一角であるムートン・ロートシルトは、世界中のワイン好きから絶大な支持を集める、超一流のプレミアムワイン。プレゼントされたらめちゃくちゃ嬉しいですが、お値段もプレミアムなので、ここぞという時の贈り物にどうぞ!

プレゼントとして手堅い、フランス・ブルゴーニュ地方のワイン

プレゼントとして手堅い、フランス・ブルゴーニュ地方のワイン

ワイン好きの中でもファンが多く、「ロマネコンティ」の産地としても有名なブルゴーニュ地方。

リサーチでは前述のボルドーと並んで、こちらも一番最初に名前が上がるほどの人気でしたが、とりわけ女性からの支持が強かったように思います。

赤ワイン・白ワイン共に、何万円もする銘柄がゴロゴロある高級産地です。

しかし3,000円以上も出せば、ブルゴーニュワインならほとんどハズレは無いで、プレゼントや手土産として一番手堅いカテゴリかもしれません。

ブルゴーニュ産ワインでは、特に生産者が重視されています。

有名ワイナリーの造ったものであれば、どのランクのブルゴーニュワインであっても、きっと喜んでもらえる事でしょう。

例えばジョゼフ・ドルーアンとルイ・ジャドの2つは、愛好家ならほぼ間違いなく知っている有名&一流ワイナリー。

どちらもラインナップ豊富で価格帯が幅広く、なおかつ品質も安定しているので、ワイン好きのプレゼントには特におすすめだと思います。

■有名生産者「ジョゼフ・ドルーアン」の詳細はこちら

■有名生産者「ルイ・ジャド」の詳細はこちら

他にもブルゴーニュには、たくさんの有名ワイナリーがあります。

もしかしたら相手の好きな生産者がいるかもしれないので、チャンスがあれば聞いてみるといいかもしれないですね。

ブルゴーニュ有名生産者のおすすめ、ルモワスネ

ルモワスネルモワスネ ブルゴーニュ・ルージュ

莫大な量のヴィンテージワインを貯蔵している事で有名な、ブルゴーニュの名門ルモワスネ。ワイン好きからの信頼が篤く、「このワイナリーならいつも期待して飲める」との声も聞かれました。しかも価格が良心的なのが嬉しいところで、数千円の銘柄でも充分に美味しいです。

ブルゴーニュ有名生産者のおすすめ、ドメーヌ・ルフレーヴ

ドメーヌ・ルフレーヴドメーヌ・ルフレーヴ バタール・モンラッシェ

ブルゴーニュ白ワインの生産者として、「最高峰」と呼ばれる事も珍しくないほどの人気生産者。なにしろ超一流ワイナリーなので、お値段も立派なものばかりですが、予算10,000円以内で買えるものもあるんです。ルフレーヴは生産量が少なくレアなので、ワイン好きならビックリされると思いますよ。

ワイン好きにとっても特別なお酒、フランスのシャンパン

ワイン好きにとっても特別なお酒、フランスのシャンパン

シャンパンの正式な呼び名は「シャンパーニュ」と言います。

ワイン好きじゃなくても、一度はシュワシュワした発泡ワインを飲んだ事があると思いますが、それはスパークリングワインだったかもしれません。

スパークリングワインは世界中で造られてるけど、フランスのシャンパーニュ地方で造られた、限られた銘柄だけがシャンパンと名乗れるんです。

セレブな芸能人が飲んでるイメージ通り、シャンパンは紛れもない高級品。

ワイン好きからの感覚からしても、普通のスパークリングとは別格のプレミアム感があります。

グラスに注いだ見た目もキレイだし、なぜかシャンパンだと気分が上がるので、記念日やお祝いを兼ねたプレゼントなんかにもピッタリだと思います。

またシャンパーニュも生産者によって、かなり人気や価格が違ってきます。

ご存知ドンペリなども一流のシャンパンですが、有名なだけあってどこでも入手できるため、経済力のある方だと飲み飽きてる可能性があるかも。

できればレアで通な銘柄を渡すと、プレゼントのサプライズ感が増しますよ!

■シャンパーニュの詳細はこちら

シャンパーニュのおすすめ、ルー・ベアティトゥディネム

ルー・ベアティトゥディネムルー・ベアティトゥディネム ナイト

なんとこのシャンパン、造っているのは仲田晃司さんという日本人!本場フランスの地で、ワイン生産者として成功している日本人は一握りしかおらず、仲田さんはワイン界で常に脚光を浴びる有名人です。シャンパンを造ってる事は意外と知られてないので、渡す際に「仲田さんのです」って伝えると驚かれるかも。

シャンパーニュのおすすめ、ジャック・セロス

ジャック・セロスジャック・セロス イニシャル

シャンパーニュの中でも独創的な生産者として知られ、同時に凄まじい人気を誇るジャック・セロス。それなのに生産量が極めて少ない事から、日本国内での流通は極めて限られています。ワイン好きを前にして、「プレゼントにジャック・セロスを冷やしておきました!」なんて言ったら…感激される事でしょう!

イタリアワイン好きへのプレゼントならこれ、バローロとブルネッロ

イタリアワイン好きへのプレゼントならこれ、バローロとブルネッロ

イタリア旅行に行った事があったり、イタリア関連の話題が多いワイン好きなら、ほば間違いなくイタリアワインが好きなはず。

そんな方へのプレゼントには、「バローロ」か「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」のどちらかを贈るといいでしょう。

どちらもイタリアを代表する高級ワインとして、ワイン界ではかなり有名な銘柄。

リサーチした際にも、やはりイタリア枠ではこの2種類の支持が根強かったですね。

バローロはイタリアワインの王様とまで呼ばれ、古くからヨーロッパの貴族に愛されてきた、伝統と実力を兼ね備えた銘酒。

一方でブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、ここ50年ほどの間に急速に評価を上げ、新興ながらも確固たる地位を築いています。

どちらもチーズや料理と合わせて絶品、ワイン好きだけでなくイタリア好きでもあるなら、間違いなくもらって嬉しいはず!

数千円から数万円まで、予算に合わせて幅広く選べますよ。

■バローロの詳細はこちら

■ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの詳細はこちら

バローロのおすすめ

バローロ アラルディカバローロ アラルディカ

まぎれもない高級ワインでありながら、約3,000円で入手できてしまうバローロのコスパ品。安いだけがウリじゃなく品質も良好で、愛好家の舌にも納得させられる、バローロらしい魅力がたっぷり詰まっています。出回っているお店が少ないので、価格がバレずらいってのもいいところかもしれません。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのおすすめ

ビオンディ・サンティブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ビオンディ・サンティ

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを今日の高級ワインにまで育てた、産みの親とも言うべき生産者がビオンディ・サンティです。その功績があまりに偉大である事から、イタリアワイン好きの中には神様のように崇めている人もいるとか。お値段もまた立派ですが、プレゼントしたらかな~り喜ばれる事でしょう!

アメリカワイン好きには、カリフォルニア産のプレゼントがベスト

アメリカワイン好きには、カリフォルニア産のプレゼントがベスト

アメリカの人がワインを飲むイメージはあっても、ワインを造っている印象は薄いのではないでしょうか。

実はアメリカって、世界で五本の指に入るほどのワイン生産国。

西海岸の一部を中心に、多くの愛好家を魅了するワインが造られていて、世界中に多くのファンを獲得しています。

日本のワイン好きにも、熱狂的なまでに好きな人が多いようで、「一度ハマるとアメリカ産以外は物足りない!」なんていう意見もありました。

特にカリフォルニア産のワインは、アメリカらしさ満点の味わいでクオリティが高く、手土産やプレゼント用としても最適。

力強く濃厚なスタイルのワインで、濃い味好きに好まれる事が多いです。

その一方で注意しておきたいのが、アメリカワインはとっても個性が強いので、「あまり口に合わない」という人も一定数いるという事。

たとえ有名な高級銘柄であっても、アメリカ産のワインが好きかどうか、プレゼントする前に聞いておいた方がいいでしょう。

■アメリカ・カリフォルニアワインの詳細はこちら

アメリカ・カリフォルニアのおすすめ、クロ・デュ・ヴァル

クロ・デュ・ヴァルクロ・デュ・ヴァル ナパ・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン

クロ・デュ・ヴァルはかつてフランスの超高級ワインと対決し、見事に勝利したという伝説的ワイナリーです。現在もカリフォルニアを代表する銘柄の一つとして、多くの人に愛されています。アメリカワイン好きにプレゼントすれば、「クロ・デュ・ヴァルをくれるなんてわかってるなぁ!」って感心されるかも。

アメリカ・カリフォルニアのおすすめ、オーパス・ワン

オーパス・ワンオーパス・ワン

アメリカ産プレミアムワインとして、圧倒的な人気を誇るのがこのオーパス・ワン。ワイン好きじゃなくても、その名前を聞いた事があるかもしれませんね。品質も知名度も文句無しなので、アメリカワイン好きなら間違いなく喜んでくれるでしょう。古いヴィンテージはあまり流通しておらず、希少価値が高いです。

さいごに

さいごに

ワイン好きの方に贈るプレゼントは見つかりましたでしょうか。

ここに挙げたワイナリーの作品で、だいたい2,000円以上の銘柄であれば、ワイン好きがもらってガッカリするような事はほぼ無いと思います。

リサーチではここでご紹介した以外にも、スペインやチリなど様々な産地の名前が挙がりました。

ただ本場フランス産は、ワイン好きにとってやはり別格!

次いでイタリア、アメリカも根強いファンがおり、失敗したくないプレゼントとしては、この3カ国から選ぶのがベストというのが今回の結論です。

ちなみに贈呈品に適したワインセットや、ワインをプレゼントするにあたってのさらに細かい注意点など、より詳しい内容をまとめた記事もあります。

よろしければこちらも、ぜひ参考にしてくださいね!

■<解説>失敗しないワインギフトの選び方!プレゼントにおすすめのワインとは?

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*