• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > グラーヴ > グラーヴ格付け > シャトー・オリヴィエ

    シャトー オリヴィエ

    Chateau Olivier

    シャトー・オリヴィエはボルドーの南11キロメートルに位置する、グラーヴ地区ペサック・レオニャンの歴史あるシャトー。グラーヴの赤・白ともに格付けされている6つのシャトーのうちの一つです。森や草原、ブドウ畑などの自然の中に建てられた美しいシャトーで、「オリヴィエ」とはかつてこのシャトーに住んでいた人物から名づけられたといわれています。

    シャトー・オリヴィエの歴史


    シャトーの歴史は中世までさかのぼります。周囲が自然に囲まれていたため、当時イギリスとフランスの戦いで名を馳せていたイギリスのエドワード黒太子が狩猟で訪れ、楽しんでいたとのエピソードもあります。

    1867年、アレクサンドル・デ・ベートマン(Alexandre de Bethmann)はボルドー市長に選出され、その後彼の一族はシャトー・オリビエを買収しました。現在もベートマン家がシャトーを有し、ここ数年ワインの品質向上と投資に力を注いでいます。

    1953年にはグラーヴの格付けが制定され、シャトー・オリヴィエは赤白ともに格付け認定されています。

    2012年の7月に死去するまでジャン ジャック ド ベートマン(Jean-Jacques de Bethmann)によって管理されてきました。彼が管理を始めてから品質は特に向上したといわれています。現在では息子のアレクサンダー ベートマン(Alexandre de Bethmann)が後を継いでいます。

    ブドウ畑の管理はワインメーカーと農学者であるローラン・レブラン(Laurent Lebrun)に委託しています。技術マネージャーや財務マネージャー、販売及びマーケティングマネージャー達による、情熱あるチームを形成しています。

    シャトー・オリヴィエのワインスタイル


    白ワイン

    ドライなタイプのワインを生みだし、複雑な芳香をもっています。果実の香りが豊かかつ繊細なソーヴィニヨン・ブランと、ふくよかでエレガントさを加えるセミヨン、洗練されたミュスカデルとのブレンドで完璧なバランスをもった白ワインを生み出しています。

    赤ワイン

    確かな魅力をもったワインを生み出しています。メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンのバランスのとれたブレンドで、年を重ねるにつれて柔らかく、ボディ豊かにエレガントな仕上がりになります。花のようなブーケをもつ、素晴らしいボルドーワインのお手本のようなワインとなります。

    シャトー・オリヴィエの土壌


    シャトー・オリヴィエは赤ワイン、白ワインともに優れた土壌から生まれている貴重なものです。粘土と石灰岩の基盤上の55ヘクタールの砂利のテロワールの間に、6種類のブドウ品種が栽培されています。きわめて正確な地質学的調査により、このテロワールの新たな可能性が明らかになりました。最近では18世紀と同じ境界線の畑まで戻して、ブドウの木を植えて栽培をしています。

    このシャトーのモットーとして、ブドウ畑からセラーでの仕事すべてにおいて徹底的に行うというものがあります。ブドウの栽培、収穫、樽の管理まですべてを徹底的に管理しています。それぞれのブドウのもつ個性あるアロマが表現されることを最も大事に考え、シャトー・オリヴィエが考える調和をもった完璧なバランスのワインを生み出しています。

    土壌は小石、粘土質石灰岩の砂と砂利。 例外的に石英、珪岩、ジャスパー、めのう、黒石英、リディアン石が少量。畑の表面積は、白ワイン用が10ヘクタール、赤ワイン用が45ヘクタール。白ブドウ品種はソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル。赤ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プチ・ヴェルド。

    ブドウの平均樹齢は赤が20年、白が30年。植え付け密度は7,000〜10,000本/ヘクタールで、仕立てはシングルとダブルギュイヨー方式。収穫は手摘みで、セラーでの粒選果を行います。

    シャトー・オリヴィエの醸造


    赤ワインは25〜30℃に温度管理された樽で10〜30日間のアルコール発酵(温度や日数はブドウの熟成具合によって変更)、マロラクティック発酵後、樽で12ヶ月間の熟成、その後清澄とフィルタリング。瓶詰はすべてシャトーで行われます。

    白ワインはスキンコンタクトを行い、樽発酵(1/3新樽)、12ヶ月オリの上で熟成を行います。

    シャトー・オリヴィエの銘柄紹介


    シャトー・オリヴィエ・ルージュ

    カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%(収穫年により変更有)。印象的な熟したフルーツとスパイスのニュアンスのある香りをもっています。ヴェルベットのような口当たりでスムースなタンニンをもちあわせています。バランスが良く、エレガントで長い余韻があります。

    シャトー・オリヴィエ・ブラン

    ソーヴィニヨン・ブラン75%、セミヨン23%、ミュスカデル2%(収穫年により変更有)。セミヨンは豊かさを与え、ソーヴィニヨン・ブランはボディを豊かにし印象的な仕上がりになります。

    ドーファン・ドリヴィエ・ブラン

    白のセカンド・ワイン。ソーヴィニヨン・ブラン50%、セミヨン50%。輝く黄色を呈して、花や乾燥したアプリコットのような香りをもっています。複雑な口当たりでジンジャーブレッドのような味わいです。余韻はいきいきと続きます。

    ドーファン・ドリヴィエ・ルージュ

    赤のセカンド・ワイン。メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40%。ルビー色を呈し、豊かなアロマタンニンのコンビネーションが見事です。スモーキーでミネラル豊かな印象で、赤い果実やブラックカラントの味を思い起こさせる仕上がりです。アタックはきめ細やかで、口の中でいつまでも生き生きした印象が長く続きます。

    ラ・セニョール・ドリヴィエ・ルージュ

    サード的位置づけのワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40%。美しく深い紫色を呈し、印象的な赤い果物やブラックベリーの香りがあります。味はスパイスのニュアンスがあり、タンニンはエレガントです。熟成するポテンシャルを秘めています。

    1 件中 1-1 件表示 

    シャトー・オリヴィエ・ブラン 2004 白 <br>Chateau Olivier Blanc 2004  スピード出荷

    DMコード:0175シャトー・オリヴィエ・ブラン 2004 白 
    Chateau Olivier Blanc 2004 スピード出荷

    • スピード出荷品

    当店通常4,280円(税抜)のところ
    価格3,480円(消費税込:3,758円)

    数量
    詳しく見る


    1 件中 1-1 件表示