• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > シャンパーニュ > シャンパーニュの注目生産者 > ローラン・ペリエ

    ローラン・ペリエ

    Laurent Perrier


    自然と人に優しいワイン造りを実践しているローラン・ペリエ。小さく始まったメゾンはいまや世界中で愛されています。

    ローラン・ペリエの歴史〜人に寄り添うメゾンの誕生〜


    1812年、シャンパーニュ地方トゥール・シェル・マルヌ村にこのメゾンの前身となるネゴシアンが誕生します。始めたのは元樽職人のアンドレ・アルフォンソ・ビエル。

    その後、醸造責任者であったウジョーヌ・ローランと彼の妻マティルド・エミリー・ペリエが後を引き継ぎ、メゾンの名を「ローラン・ペリエ」と改めます。ウジョーヌ亡き後は妻マティルドがメゾンを統率し、1920年にはイギリスへの輸出を開始します。当時最大の販売市場であったイギリスへの輸出は、メゾンの大きな発展へとつながりました。

    しかし、マティルドの死後メゾンは勢いを失い、さらに世界恐慌などの社会情勢の影響を受け経営状態は悪化します。この窮地に陥ったメゾンを救ったのが、マリー・ルイーズ・ランソン・ドゥ・ノナンクールです。

    マリー・ルイーズは1939年にローラン・ペリエの経営権を持つと、第二次世界大戦中の厳しい状況の中、メゾンの復活のために力を尽くします。戦争が終わった1945年、マリー・ルイーズの次男であるベルナールはシャンパーニュに帰還し、母を手伝うため4年間の修行の入ります。シャンパーニュの醸造から営業まで、シャンパーニュに関わることすべてについて学びました。そして28歳の時に母の後を継ぎ、メゾンの経営の指揮をとることとなったのです。

    このメゾンの信条である「伝統を重んじ、人を大切にすること」を守りつつ、ベルナールは精力的に改革にも取り組みます。この時も過去の厳しい修業時代の経験が生かされました。現場の仕事に精通している彼はブドウ栽培者の信頼を得、独創的なシャンパーニュを生み出すことに成功します。現在160ヵ国以上の国でこちらのメゾンのフレッシュでエレガントなシャンパーニュが愛されています。

    また、ローラン・ペリエは英国王室との親交も深く、1998年には「プリンス・オブ・ウェールズ」の認証を受けています。さらに2011年のウィリアム王子の婚礼の際には、その晩餐会でのアペリティフに《ローラン・ペリエ ブリュット》が振舞われ、ワイン評論家ロバート・パーカーの『ワインバイヤーズガイド』でも最高得点を獲得しています。

    2010年、ベルナールはシャンパーニュに捧げたその人生を終えますが、メゾンの歴史は娘であるアレクサンドラに引き継がれ、新たな時代を迎えています。

    ローラン・ペリエのシャンパーニュ造り


    ベルナールはローラン・ペリエのスタイルを確立するにあたり、伝統を重んじると同時に醸造技術においてもブレンドに関しても常に新しい方法を取り入れてきました。それによって彼は歴史と個性を持った独創的なワインを生み出してきたのです。

    1950年代の終わり、ローラン・ペリエはステンレスタンクを使用してのシャンパーニュ造りを行う数少ないメゾンのうちのひとつでした。低温発酵での醸造はフレッシュでありながらも複雑なアロマを持つワインを生み出します。そしてこのメゾンの特徴であるエレガントな味わいへと成長していくのです。

    ベルナールはメゾンの改革のひとつとして、温度調節のできる醸造設備を建築しましたが、半世紀たった今、彼の娘であるアレクサンドラとステファニーがメゾンの設備をリノベーションして一新しています。

    1982年に醸造責任者だったアラン・テリエは素晴らしいブレンドを施す人物でした。彼はシャンパーニュのブドウ栽培者から最高のブドウを選び出し、それぞれを別々に醸造します。こうした畑ごとの醸造はこのメゾンの特色であるといえるでしょう。

    別々に醸造されたワインは彼の手によってブレンドされ、多彩なアロマを持つテロワールを表現するシャンパーニュへと生まれ変わります。2004年からはアランの後任として、ミッシェル・フォコネがその責任を担っています。

    ローラン・ペリエのシャンパーニュを一番良い状態で提供するにあたって、ベルナールはそのボトルに着目しました。個性的でオリジナリティ溢れたボトルを取り入れようと思いつくのです。

    例えば「キュヴェ・グラン・シエクル」のボトルは、17世紀にこのメゾンの初めてのシャンパーニュを瓶詰めした時に使用された手吹きのボトルから着想を得ています。また、「キュヴェ・ロゼ」のボトルはより丸みを帯びていますが、それはヘンリー4世の時代のボトルからアイデアを得ているのです。

    ベルナールの独創的なアイデアは常にこのメゾンを引き上げ、さらなる高みへと導きます。その情熱は娘たちに引き継がれ世界中のシャンパーニュ愛飲家たちを満足させています。

    ローラン・ペリエのシャンパーニュ達


    ウルトラ・ブリュット

    19世紀に成功を収めたグラン・ヴァン・サン・シュクレにインスパイアされた形で1981年に発表された、ウルトラ・ブリュット。ブリュット・ナチュレという新しいカテゴリーのシャンパーニュで1リットル当たり3g以下の補糖と瓶熟の後の補糖は行わないというドライな飲み口。

    ラ・キュヴェ

    このメゾンの入門として試したいのがこちら。シャルドネ50%以上、ピノ・ノワール30%以上、ピノ・ムニエ。ローラン・ペリエによって選ばれた100を超える区画のブドウを使用し、セラーでゆっくり熟成、わずかな補糖で仕上げられます。淡い黄金色の美しい外観。心地よい泡立ちに爽やかな柑橘と白い花のニュアンス。

    ブリュット・ミレジム

    ローラン・ペリエではごく稀に最良の年に限りヴィンテージ・シャンパーニュを生産しています。その年のテロワールをしっかりと表現した特別な一本です。

    グラン・シエクル

    メゾンのプレステージ・キュヴェはグラン・クリュのブドウだけで造られます。ローラン・ペリエの最良の年であった3ヴィンテージをブレンド。最良の年の最高のブドウから作られたその味わいは、上品でありながらも力強くバランスが取れています。ブレンドの職人技が感じられる一本。

    キュヴェ・ロゼ

    1968年に生まれたキュヴェ・ロゼ。醸造のあらゆる段階で完璧なスタイルを見せるこちらのキュヴェは、こだわりの製法で美しいカラーと果実のアロマがぎゅっと詰め込まれています。ピノ・ノワール100%。10か所の異なる区画から集められたブドウは48時間から72時間果皮ごと漬け込まれることで、その香りと芳醇な味わいを引き出されます。最低4年瓶で熟成されたロゼはチェリーやストロベリーの香りで満たされています。

    アレクサンドラ・ロゼ

    グラン・クリュのシャルドネとピノ・ノワールで造られる希少価値の高い一本です。

    ハーモニー

    ドゥミ・セックの甘口シャンパーニュです。まろやかで繊細な味わい。シャルドネのうまみに程よい補糖でバランスが取れています。