• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ブルゴーニュ > コート・ド・ボーヌ > ペルナン・ヴェルジュレス

    ペルナン・ヴェルジュレス Pernand-Vergelesses

    ブルゴーニュの黄金の丘(コート・ドール)の南半分、コート・ド・ボーヌの中でも最も北に位置するペルナン・ヴェルジュレス。コルトンとコルトン・シャルルマーニュというグランクリュを産み出すコルトンの丘を、アロース・コルトンとラドワと共有しています。

    生産されるワインは、村名のAOCワインと、プルミエ・クリュ、赤のコルトン、白のコルトン・シャルルマーニュのグランクリュ(特級畑)。コート・ド・ボーヌの中では比較的地味な存在で、「ペルナン・ヴェルジュレス」という名前が長く、外国人には発音が難しいという事を気にして、村名ではなく敢えてAOCコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュとしてリリースする生産者もいます。

    畑は標高250〜300メートルの斜面にあり、殆どが東か南向きで長い日照時間を誇ります。暑い夏と乾燥した秋で、冬は寒い大陸性気候。シャイヨと呼ばれる火打ち石と珪土の破片が混じった土壌で、比較的柔らかく、カリウムやリン酸を多く含んでいます。石灰質が多い斜面の中腹ではピノ・ノワールの栽培が多く、泥灰土が多い斜面の上部ではシャルドネが多く栽培されています。

    ペルナン・ヴェルジュレスの特級畑(グラン・クリュ)


    コルトン

    コート・ド・ボーヌ唯一の赤のグランクリュであるコルトン。ペルナン・ヴェルジュレス、アロース・コルトン、ラドワの3つの村に跨って存在しています。 ペルナン・ヴェルジュレス村にあるのはアン・シャルルマーニュ(En Charlemagne)という区画で、ここで造られるピノ・ノワールの赤ワインはコルトンを名乗れます(シャルドネで造る白ワインはコルトン・シャルルマーニュ)。

    コルトン・シャルルマーニュ(シャルルマーニュ)

    一連のモンラッシェと並び、ブルゴーニュ最高の白ワインの一つ。厳密にはコルトン・シャルルマーニュとシャルルマーニュという畑が存在しますが、シャルルマーニュはコルトン・シャルルマーニュとも名乗れる為、現在では使っている生産者はいません。 ペルナン・ヴェルジュレスにあるのは赤と同じ畑のアン・シャルルマーニュ(En Charlemagne)。

    ペルナン・ヴェルジュレスの主な1級畑(プルミエ・クリュ)


    アン・カラドゥ(En Caradeux)
    クロ・ベルテ(Clos Berthet)※白のみ
    クロ・デュ・ヴィラージュ(Clos du Village)※白のみ
    クルー・ド・ラ・ネ(Creux de la Net)
    レ・フィショ(Les Fichot)
    スー・フレティユ(Sous Fretille)※白のみ
    イル・デ・ヴェルジュレス(Ile des Vergelesses)
    レ・バス・ヴェルジュレス(Les Basses Vergelesses)

    ペルナン・ヴェルジュレスの主な生産者


    ボノー・デュ・マルトレイ

    所有しているのは、白を造ればコルトン・シャルルマーニュ、赤を造ればコルトンを名乗れるグランクリュの畑のみ。以前は赤のコルトンの比率が高かったが、現在は所有する11.9haのうち、9.5haがコルトン・シャルルマーニュで、残りがコルトン。特にコルトン・シャルルマーニュの出来は見事で定評があります。ここ最近は赤の評価も上昇中。

    デュブルイユ・フォンテーヌ

    ペルナン・ヴェルジュレスを本拠地に置き、コルトンやコルトン・シャルルマーニュといった特級畑を所有する他、アロース・コルトン、ポマール、ボーヌなど約20のアペラシオンに畑を所有しています。コルトンはぺリエール、ブレッサンド、クロ・デュ・ロワという3つの上質な区画を所有。

    マリウス・ドゥラルシュ

    白ワインのコルトン・シャルルマーニュに定評がある、ペルナン・ヴェルジュレスに本拠地を置く生産者。現在は若きエティエンヌ・ドゥラルシュに代替わりし、引き続き品質向上を果たしています。

    19 件中 1-19 件表示 





















    19 件中 1-19 件表示