• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ブルゴーニュ > ブルゴーニュの注目生産者 > ジョルジュ・ルーミエ

    ジョルジュ・ルーミエ

    Georges Roumier

    1924年創業。シャンボール・ミュジニーを代表する生産者


    現在ではブルゴーニュで屈指の人気を誇るドメーヌとなったジョルジュ・ルーミエの歴史は、1924年に遡ります。その年、現当主クリストフの祖父、ジョルジュ・ルーミエ氏が結婚に際し、妻の実家カンカン家より、シャンボール・ミュジニーのプリミエ・クリュ、レ・ザムルーズ、レ・フュエ、グラン・クリュのボンヌ・マールを与えられたことに始まります。

    その後も、ボンヌ・マールを買い増しし、モレ・サン・ドニのプルミエ・クリュ、クロ・ド・ラ・ピュシエールを単独で所有しました。ドメーヌ秘蔵のミュジニーの0.1haは、ドメーヌが開設された当初より、ジョルジュが賃貸耕作(フェルマージュ)していましたが、ジョルジュの子、ジャン・マリーの代になって、1978年に買い取られました。

    ジョルジュ・ルーミエは、1945年よりワイン作りを始めます。その後、1961年に、ジョルジュから、その子ジャン・マリーにドメーヌは引き継がれました。その後、コルトン・シャルルマーニュやミュジニーなど、ドメーヌの所有畑を広げていきました。

    3代目クリストフの代から評価が高まり、トップクラスの生産者に


    1982年、ジャン・マリーの子、クリストフが、ドメーヌの運営を引き継ぎます。1961年に創業者のジョルジュ・ルーミエが引退して以来、不振を続けていたドメーヌの評価を、一気に最高評価にまで引き上げたのは、クリストフ・ルーミエの功績です。こうして、ジョルジュ、ジャン・マリー、クリストフと3代続くジョルジュ・ルーミエは、クリストフの代になって、シャンボール・ミュジニー村の、きわめて著名なドメーヌとなりました。

    一方で、ドメーヌの畑の多くは、親戚筋からのフェルマージュですが、リュショット・シャンベルタンとシャルム・シャンベルタンは、クリストフ個人が賃貸耕作契約を結んでいるため、クリストフ・ルーミエが、ドメーヌ名となっています。

    1株から僅か8房のみに制限。厳しい収量制限で造られる貴重なワイン。


    ブドウの木は、片翼ギュイヨ方式で仕立てられ、除草剤や化学肥料を使わない減農薬栽培が採用されています。また、ブドウの質を高めるために、1株につくブドウの房の数を8にまで制限しています。さらにブドウの葉をしっかり取り除き、ブドウが腐敗しないよう、細心の注意が払われています。

    1992年からは、全面的に有機栽培が取り入れられています。ブドウの樹齢も高くなってきており、ミュジニーのものは65年にもなります。厳しい収量制限を課し、0.1haのブドウ畑から、よくて600本(2樽)のワインしかできません。

    収穫は、すべてが手摘みで行われています。選果は2003年に選果台導入後、畑と醸造所で行われ、とりわけ醸造所では状態と質が厳しくチェックされます。

    発酵容器は1998年までは、木製開放桶でしたが、セメントとステンレスを併用するようになり、2009年以降は、ほぼ100%の桶がステンレスに切り替わりました。除梗の割合は、アベラシオンによって違いますが、70〜100%行われます。

    新樽の使用率も最高でも30%に抑えられ、16か月ほど熟成させます。清澄、濾過も事実上行われていません。このような厳しい管理と、栽培、醸造の自然な方向への転換が、ブドウそのものからテロワールの特質を引き出した、世界中のワインラヴァーから、絶大な支持を得ている繊細でシルキーな、ジョルジュ・ルーミエのワインを作り上げます。

    2樽しか造られないミュジニーを始め、今やブルゴーニュで最も入手困難な生産者の一つ


    所有する畑の面積で最大なのは、村名のシャンボール・ミュジニーで3.7ヘクタール。シャンボール・ミュジニーには、レ・ザムルーズを筆頭とする幾つかのプルミエ・クリュと、ルーミエを語る上では欠かせない、僅か0.1ヘクタールのグラン・クリュ、ミュジニーと、同じくグラン・クリュのボンヌ・マールを所有。

    シャンボール・ミュジニー以外では、モレ・サン・ドニのプルミエ・クリュ、クロ・ド・ラ・ビュシェール。ジュヴレ・シャンベルタン村のグラン・クリュ、リュショット・シャンベルタンとシャルム・シャンベルタン。また、0.2ヘクタールだけコルトン・シャルルマーニュも所有しています。

    いずれのワインも大変希少で、今やブルゴーニュでも最も入手困難なドメーヌの一つ。ボンヌ・マールやレ・ザムルーズは数十万円、ミュジニーは市場では殆ど見かけませんが、あれば100万円以上の値がつけられてもおかしくありません。

    ブルゴーニュの中でも最も繊細と言われる、ジョルジュ・ルーミエのワイン


    一部では赤ワインに対して、パワフルさと突出したタンニンを求める傾向はありますが、ブルゴーニュワインはまさにその正反対の位置にあり、その繊細さを楽しむワインです。そのブルゴーニュワインの中でも、ジョルジュ・ルーミエのワインは、もっともブルゴーニュらしい繊細さを表しているといわれています。

    ジョルジュ・ルーミエのワインは、村名シャンボール・ミュジニーを飲んだだけでもそのシルキーな繊細さに驚き、この村の洗練されたエレガンスを心ゆくまで楽しむことができます。その素晴らしさは、村名のシャンボール・ミュジニーでさえ、一般的なプルミエ・クリュ以上のクオリティーを持っています。

    また、ルーミエといえば、レ・ザムルーズやミュジニーのようなレアなものばかりが注目される傾向がありますが、所有するグラン・クリュの中で最大となる1.6haもの面積も持つボンヌ・マールも、当然ながらハイレベルなワインです。重厚なワインを生むテール・ルージュという土壌と、硬質なミネラル感の強いテール・ブランシェという土壌を等しく持ち、この性格の全く異なるワインがブレンドされて造られるボンヌ・マールは、長年に渡り熟成する力を誇ります。

    6 件中 1-6 件表示 








    6 件中 1-6 件表示