• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    本店限定!2018年12月末まで全商品ポイント10倍(10%)!!(ポイントについて)
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)
























    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > グラーヴ > グラーヴ格付け > シャトー・ブスコー

    シャトー・ブスコー

    Chateau Bouscaut

    シャトー・ブスコーは、ボルドーのコミューン、カドジャックに位置し、赤ワイン・白ワインともにグラーヴのグラン・クリュの格付けに選ばれている6つのシャトーのうちの一つです。

    17世紀まで遡るシャトー・ブスコーの歴史


    シャトー・ブスコーのブドウ畑の開墾は、17世紀の昔に遡ります。1881年、オー・トリュションから「シャトー・ブスコー」と現在の名称に変更されました。そして19世紀終わりにはシャバノー家が所有者となります。

    第一次世界大戦より前から、シャトー・ブスコーの評判が徐々に広まっていきました。1925年、ヴィクター・プラスとリヴォー伯爵がシャトー・ブスコーを引き継ぎ、さらなるシャトーの改善を求め、畑の排水設備、メゾンの増築、醸造所の改修作業に着手します。

    1929年には、近郊にあったシャトー・ヴァルーChateau Valouxを買収します。1930年代には、フランス農業組合からワイン農家の職業的モデルとして紹介され、その名が知られるようになります。「シャトー・ブスコー」と名付けられた競走馬が、メゾン・ラフィートでグラン・プリを受賞したこともあるほど知名度が高かったのです。

    グラーヴのグラン・クリュ格付け、そしてリュルトン一族の手に


    数々のメダル受賞暦もあり、著名人たちからも多くの賞賛を受けていたシャトー・ブスコーは、1953年、白ワイン・赤ワインともにグラーヴのグラン・クリュに格付けされます。

    しかし1961年、火災によってシャトー全体が焼失してしまいます。そんな災難の中、醸造所だけはその被害から免れました。ボルドーの建築家ミシェル・ギャロスに依頼し、元のシャトーを維持させるため、完全修復を依頼します。

    1979年、ワイン業界における名家リュルトン一族の一人であるルシアン・リュルトンの手に渡り、シャトー・ブスコーは再び新しい歴史を歩むことになります。ルシアン・リュルトンは既に、マルゴー、バルザック、アントル・ドゥ・メール、メドックなど複数のアペラションで10ほどのグラン・クリュを所有していました。1992年、ルシアン・リュルトンは67歳の時に早々と、自身の11人の子供たちの中から7番目の娘ソフィーにシャトー・ブスコーを譲ることを決断します。

    現在のオーナー、ソフィー・リュルトンとローラン・コゴンブル


    1997年、ソフィーはローラン・コゴンブルと結婚します。農業工学者であったローランは、当然のごとくソフィーとともにシャトー・ブスコーの経営に携わるようになります。

    ローラン・コゴンブルは、2005年から2017年の間、ペサック・レオニャンのAOC(Appellation d'Origine Controlee:原産地呼称統制制度)の責任者も務めていました。

    改善に向けた様々な努力


    ルシアン・リュルトン、そしてソフィー・リュルトンとローラン・コゴンブルはまず、ブドウ畑の改革から取り組み始めます。大規模な改植を行い、土壌の改善を進め、ブドウ樹用の支柱をさらに高くし、農薬などの使用薬剤を根本から見直しました。

    1990年には赤ワイン用の樽、および醸造用タンクを全て変更、2002年には、100ヘクトリットルのコンクリート製タンクを10個設置します。

    2010年には、ボルドーの建築家アルノー・ボランに依頼し、シャトーの大規模な改修工事にも着手します。新たに建設された樽の貯蔵庫は、その壁を樽用の木材で装飾し、まるで木で作られた大きなかごバッグの中にいるような雰囲気を与え、シャトー・ブスコーの古典的な趣ととても調和する仕上がりになっています。

    多くの愛好家を受け入れ、ワインツーリズムへの貢献へ


    2011年からは、新しいテイスティングサロンとブティックを併設し、シャトー・ブスコーを訪れる多くの人々に開放しています。

    さらには、ワインのアトリエを開くなどワインツーリズムにも力を入れ、2013年にボルドー商工会議所より「Best of Wine Tourisme」を授与されています。2013年には宿泊施設も設け、ワインとガストロノミーも堪能できる場所として開かれています。

    現在でも、ソフィ・リュルトンとその夫ローラン・コゴンブルが生産・経営管理し、シャトー・ブスコーが持つテロワールの魅力を最大限に引き出すべく、尽力を惜しまず努力しています。

    シャトー・ブスコーのテロワール


    シャトー・ブスコーのブドウ畑は、約40ヘクタールあり、カドジャックでもっとも高い海抜34mにあり、南向きに面したボルドー左岸に位置しています。シャトー・ブスコーのテロワールは主に石灰層を土台にした粘土質の土壌から成ります。環境保全を重視した農業を採用し、収穫は全て手積みによって行われています。

    シャトー・ブスコーのブドウ品種


    約34ヘクタールに赤ワイン用黒ぶどうの3品種 、メルロー(約50%)、カベルネ・ソーヴィニョン(40%)、そしてマルベック(10%以下)が栽培され、約8ヘクタールは白ぶどうであるソーヴィニョン・ブランが約50%、セミヨンも約50%植えられています。

    シャトー・ブスコーのワイン


    特に、シャトー・ブスコーの白ワインはとても評価が高く、その全てが樽による熟成が行われています。グリル(焼いた)のアロマを持ち、他の格付け白ワインからも一線を画しており、その卓越性はワインに複雑味を与え、とても魅力的なワインになっています。

    シャトー・ブスコーには、さらにレ・シェーン・ドゥ・ブスコー Les Chenes de Bouscautというセカンドラベルがあります。

    また、同じカドジャックにあるシャトー・ラモット=ブスコー Chateau Lamothe-Bouscautおよびシャトー・ヴァルー Chateau Valouxはシャトー・ブスコーのグループになります。

    1 件中 1-1 件表示 

    シャトー・ブスコー 1962 赤 <br>Chateau Bouscaut  スピード出荷

    シャトー・ブスコー 1962 赤 
    Chateau Bouscaut スピード出荷

    • スピード出荷品

    価格19,900円(消費税込:21,492円)

    在庫切れ



    1 件中 1-1 件表示