• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > グラーヴ > グラーヴ格付け > ドメーヌ・ド・シュヴァリエ

    ドメーヌ・ド・シュヴァリエ

    Domaine de Chevalier

    赤ワイン・白ワインともにグラーヴのCru Classeに格付けされているドメーヌ・ド・シュヴァリエ。長期の熟成を経て、ようやく飲み頃となるため「ワイン好き」のためのワインであるとも言えます。

    ドメーヌ・ド・シュヴァリエの歴史〜森に囲まれた小さな生産者〜


    17世紀の記録にはすでに「Domaine de Chivaley」という表記があり、このドメーヌがドメーヌ・ド・シュヴァリエの前身となります。この土地には、スペインの世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」への巡礼道が隣接していたため、「騎士」を意味する「シュヴァリエ」と名付けられるようになりました。

    この辺りは古くから森に囲まれた地域で、1865年に樽職人であったアルノー・リカー親子がこのシャトーを購入した頃、はブドウ栽培は生活を支えるほどの糧ではなく、家畜の放牧や穀物の栽培がその主な収入源であったと言われています。

    しかし、そんなシャトーが他のボルドーのシャトーに比べて比較的短期間のうちにそのワインを認められるようになったのは、やはりテロワールの良さがあげられます。そして、その伝統や土壌の素晴らしさを理解している人物だけがオーナーを務めてきた、ということも大きいでしょう。

    アルノーの息子の代になると、ワインビジネスが成功しシャトーは勢いがつきます。ブドウの栽培面積も10haまで広がり、このシャトーの真の創設者は息子ジャンであるといってもよいかもしれません。

    ジャンの跡は義理の息子ガブリエルが引き継ぎました。木材のビジネスで巨万の富を築いた彼は、こののち約40年間に渡りシャトーの責任者を務め、シャトーの知名度を上げるために貢献しました。

    1940年には、娘婿のジャン・リカーがシャトーを引き継ぎ、素晴らしいワインを次々と生み出します。さらにその息子クロードの代になると、彼の完璧主義な性質が功を奏しワインの品質はさらに向上しました。新しい醸造設備を導入し、収穫の際の選果を3回も行うなど、そのきめの細かさは徹底的。1953年のグラ―ヴ格付けの功績も、生き字引ともいえる彼のワイン造りの知識と情熱によるものでしょう。

    1983年、大手酒造メーカーを所有していたベルナール家がこのシャトーを購入します。この一家がオーナーとなってからも約5年の間、クロード・リカーはこのシャトーでワイン造りに携わりました。彼の技術や知識を共有した現総責任者のオリビエ・ベルナールは、さらに栽培・醸造環境を整え、「良いワインは良いブドウから」という理念からも分かるように、コストよりも、その品質を優先させたワイン造りに取り組んでいます。

    ドメーヌ・ド・シュヴァリエのワイン造り〜守られて育まれるブドウたち〜


    ドメーヌ・ド・シュヴァリエの周囲3方向を囲むのは、うっそうとした森です。夏には温室効果を生み出し、ブドウの熟成を促しますが、冬には空気の流れを森が妨げてしまうため、霜の被害をもたらしてしまうのです。ブドウの成長期の霜の影響は甚大ですから、このシャトーではそのリスクを回避するために様々なアイデアで対策をとっています。

    その一つが森林伐採。特に霜の被害が大きい畑では、周囲の森林を伐採することで空気の循環を保ちます。また、畑に特別な暖房設備を取り付けたり、上空にヘリコプターを飛ばすことで空気の流れを意図的に作ったりと、ユニークなアイデアが生かされています。 森林の伐採により、森と隣接する畑はなくなり、完全に畑を外部と遮断することから外部汚染の少ない品質の高いブドウを維持することもできるのです。

    このように大切に育てられるブドウの木は全部で約1万本。赤ワインの畑は35ha。白ワインの畑は4.5haです。栽培品種は赤ワイン用にカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ベルド。白ワイン用にセミヨン、ソーヴィニヨン・ブランです。

    ブドウの収穫はすべて手摘みで行われます。畑の中に設置された選果台で最初の選果が行われ、醸造所に運ばれてからもさらに2回の選果という厳しさを経て、圧搾されます。

    白ワインはボルドー大学の教授であり、白ワイン醸造の第一人者でもあるデブルデュー教授のアドバイスを受けて醸造されます。ワインの澱と共に18ヶ月熟成された白ワインは、うまみの凝縮された極上のワインへ成長を遂げますが、そのうまみが開くのは実に10年以上の熟成が必要とされるということですから、そう簡単に味わうことはできません。

    赤ワインも醸しの後は、3分の1は樽で熟成され、残りの期間はタンクに移されマロラクティック発酵が行われます。

    このシャトーでは、新しい醸造技術を取り入れることにも積極的に取り組んでいます。2002年から著名なコンサルタント;ステファン・グルノンクール氏を迎え、さらに新たな醸造方法がもたらされているようです。

    ドメーヌ・ド・シュヴァリエのワインたち


    晩熟で知られるこちらのワインは、ぜひ熟成を経た一本を味わいたいものです。特に白ワインは生産量が少ないことから希少価値があり、「ボルドーにおける白の完全なスタイルを持つ」とも言われています。

    ドメーヌ・ド・シュヴァリエ

    シャトーのファーストワインであり、赤・白共にグラーヴ格付けワイン。

    赤ワインは黒い果実とスパイス香に加えて、トーストの香ばしさも感じられるパワフルな一本です。凝縮した甘みの中に、バランスの良いタンニンと、長い余韻を楽しむことができます。10年以上の熟成に耐えうるポテンシャルを持っています。

    白ワインはボルドーの白ワインを代表する逸品。爽やかなソーヴィニヨン・ブランの香りに、セミヨンのまろやかな口当たりが心地よい。フルーティーでジューシーな味わいに、樽香のスモーキーなフレーバーがクセになります。複雑で余韻の長い白ワインはぜひ特別なシーンに味わいたいものです。

    レスプリ・ド・シュヴァリエ

    シャトーのセカンドワイン。ファーストラベルの熟成を待つ間に味わいたいのが、こちらのセカンドラベルです。

    赤ワインは黒い果実の濃厚な甘さと、華やかな花のアロマ、滑らかなタンニンと次から次に生まれるうまみに溢れています。

    白ワインは白い花の香り、爽やかなグレープフルーツ。優しく香る樽香も香ばしく、セミヨンの甘さも心地いい。飲み心地の良いワインです。

    ペサック・レオニャン

    シャトーのサードワイン。サードワインとは言いながらも、その使用するブドウはファーストラベルと同じ畑のものです。樹齢の違いこそあれ、土壌や環境は同じですからセカンドとの飲み比べも楽しめそうです。

    赤ワインは花のアロマや果実味に溢れ、樽の香りも香ばしい。タンニンも上品でバランスが取れています。

    白ワインはハーブ香に甘く重なる花のアロマ、レモンのさわやかさ。芳醇な果実味もあり、早飲みにぴったりな一本です。

    8 件中 1-8 件表示 










    8 件中 1-8 件表示