• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)
























    商品カテゴリ一覧 > ブルゴーニュ > ブルゴーニュの注目生産者 > ロベール・グロフィエ

    ロベール・グロフィエ

    Robert Groffier

    ロベール・グロフィエは、シャンボール・ミュジニーのプルミエ・クリュ「レ・ザムルーズ」において最も広い土地を所有し、偉大な生産者として知られるドメーヌです。

    ロベール・グロフィエの歴史


    シャンボール・ミュジニーは北をモレ・サン・ドニ、南をヴージョに挟まれた人口わずか300人ほどの小さな村。ブドウ畑は特級、1級、村名すべて合わせて約180ヘクタールと広くなく、生産者の数も20名に満たないほどです。他の村と比べても全体的水準が高い高品質なワインを生み出し続けています。その中でもレ・ザムルーズはブルゴーニュで最も繊細でしなやかな畑と評価されており、そこから生み出されるワインは女性的なテロワールの魅力があります。

    ドメーヌの拠点はモレ・サン・ドニです。グラン・クリュ街道沿いにひと際目立つクロ・ド・ タールの隣の大きな屋敷に、住居とカーヴが佇んでいます。

    グロフィエ家のワインづくりは1930年代から始まります。ロベール氏の父ジュール氏が創設し、当初はレ・ザムルーズや特級畑ボンヌ・マールなどの優秀な畑を所有し、ネゴシアン(卸売り業者)に販売していました。

    その畑を受け継いだロベール氏は「ふつうに畑でブドウを栽培していればそれで満足」という、いたってシンプルなヴィニロン(ブドウ栽培家)でしたが、妻のジョルジェットにすすめられたことで、1973年からは自分たちの手でビン詰を始めました。その後、醸造設備や最新のコンピュータシステムやテイスティングルームを整え、先鋭的なドメーヌへと生まれ変わり、素晴らしいワインの数々を生み出すようになったのです。

    現在ロベール氏はワインづくりから実質的に身を引いています。ラベルにその名が記されているため、ドメーヌのスポークスマン的存在ではあるものの、息子のセルジュ氏が当主を務め、ボーヌの醸造学校で学んだ孫のニコラ氏が栽培と醸造を行っています。

    偉大なワイン評論家ロバート・パーカー氏は、新しい担い手に対して「ロベールの息子であるセルジュ・グロフィエの丁寧なブドウ畑での仕事が、ロベールの熟練した、すばらしく才能に富んだワインづくりと結びついて、このブドウ園の品質を目がくらむばかりの高みに引き上げた」との賛辞を贈っています。

    シャンボール・ミュジニーの三姉妹


    ロベール・グロフィエにおいて、グラン・クリュの「ボンヌ・マール」が最高位となりますが、何よりも魅力はそれに次ぐシャンボール・ミュジニー1級畑の三姉妹に尽きるでしょう。

    特にグラン・クリュと同等のあつかいをされている「レ・ザムルーズ」の人気は高く、「恋する乙女たち」という魅惑的な名前と、シャンボールのなかでも特にエレガントな味わいは他を寄せ付けないものがあります。

    次女の「レ・サンティエ」は最もモレ・サン・ドニの近くにあり、ボンヌ・マールのすぐ下に位置する、豊かで瑞々しい味わいの逸品です。

    三女の「オー・ドワ」は知る人ぞ知るクリマで、アムルーズのすぐ東にあるためテロワールも似たようなテイストとなり、まさにアムルーズの妹的存在となっています。

    所有畑の内、3分の2はグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められており、

    ボンヌ・マール:1ヘクタール
    シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ:0.5ヘクタール
    シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ:1ヘクタール

    を含む、計8ヘクタールの権威ある畑を所有しています。

    ロベール・グロフィエの醸造工程


    ロベール・グロフィエでは、素朴で実直な性格をそのまま反映した、表裏のない誠実なワインづくりが行われています。

    畑はすべて有機栽培が行われており、ブドウ木はブルゴーニュで主流なギュイヨ仕立てではなく、細い枝を4本残したコルドン・ド・ロワイヤを採用。コルドン・ド・ロワイヤはブドウの房と房の間隔を広げることで風通しと日当たりを良くし、腐敗を防ぎやすく、同時に収量も抑えやすくなります。

    収穫されたブドウは、ビンテージの仕上がりに合わせて30〜100%の除梗を行い、破砕は行わず、約10日間8〜12℃で低温マセレーションを行います。その後は自生酵母による発酵を実施。新樽の使用は控え目で、

    ジュヴレ・シャンベルタン(村名):20%
    レ・ザムルーズ(1級畑):40〜50%
    ボンヌ・マール(特級畑):50〜60%

    といった具合です。

    つくり出されるワインは色合いが濃く、骨格のしっかりとした奥深くエレガントな味わいで、欧米でも高い人気を得ています。

    ロベール・グロフィエのワインの味わいと評価


    ロベール・グロフィエのワインは、最もベーシックなパストゥグランからしっかりと果実味が詰まっています。色が濃く力強いが柔らかく、しなやかさも同時に兼ね備えるのがグロフィエのスタイルです。育った土地の特徴を含んだ優雅さや研ぎ澄まされたような美しい果実味を体現しており、究極のエレガンスを感じさせられるでしょう。

    特級のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズですら、タンニンはなめらかで、しなやかなタッチを持ちます。早くから楽しむこともできますが、熟成を重ねると、新たな一面を見ることもできます。

    そのワインは、ロバート・パーカー氏から「A.C.ブルゴーニュからグラン・クリュに至るまで、どのワインもテロワールを良く表現した最上のワインだ」と評価されています。

    28 件中 1-20 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ






















    28 件中 1-20 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ