• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ブルゴーニュ > ブルゴーニュの注目生産者 > モメサン

    モメサン

    MOMMESSIN

    モメサンは1865年からの歴史がある老舗のブランドで、世界70ヶ国以上で親しまれています。デイリーワイン、ボージョレ・ヌーヴォーの他、特級畑クロ・ド・タールの単独所有者としても有名です。

    モメサンの歴史

    1865年に創業したネゴシアン兼ドメーヌであり、100年を軽く超える伝統がある老舗です。ネゴシアンとは、ブドウの果実や果汁を仕入れ、醸造して販売する業者です。1994年にトラン社を買収したことによって、ボージョレ・マコネ地区において第2位の生産量となる規模になりました。ちなみに1位はジョルジュ・デュブッフです。

    ボージョレ地区の中心に拠点があり、ビジネスパートナーの農家と協力して、250ヘクタール以上の畑を管理。農家とは長期契約を結ぶことにより、信頼関係の構築を重視しています。ブドウ畑の管理から瓶詰に至るまで、一連の工程を一括して管理。醸造責任者であるパトリック・ヴィヴィエ氏は、栽培農家を頻繁に訪れ、ブドウの生育状況をチェックしています。

    ネゴシアンとしてボージョレ・ヌーヴォーやデイリータイプのワインの生産に加え、ドメーヌもののワインの生産も行っています。モメサンのドメーヌものと言えば非常に有名なのが、ブルゴーニュ地方・コート・ドールにある「クロ・ド・タール」というグランクリュです。1932年にマレ・モンジュ家から購入した特級畑であり、現在でもモメサンが単独所有(モノポール)をしていることで知られています。面積はたったの7.53ヘクタールですが、絶好の立地条件と優れた土壌で、偉大なワインを生み続けている畑です。

    モメサンのワイン造りの特徴

    モメサン社は80のドメーヌ・250のワイン生産者と契約を結んでいます。様々なスタイルのワインを生み出しますが、中でもボージョレ・ヌーヴォーの生産が特徴的です。ボージョレ・ヌーヴォーにおける伝統的な生産法である、マセラシオン・セミ・カルボニック法を採用。ブドウを破砕する前に丸ごと容器に入れて炭酸ガスを充満させて発酵させます。

    また、通常であれば瓶詰の前に行うフィルタリングを行わないのも特徴で、フィルタリングするよりも濃厚なアロマ・豊かな果実味が感じられる仕上がりになります。「ノン・フィルタリング」は、生産工程管理を厳格に行わないと実現できません。香りがチャーミングで愛らしい印象ながら、飲むと濃厚でしっかりとした味わいが楽しめます。

    クロ・ド・タールは独自の方針で生産

    ドメーヌものであるクロ・ド・タールのワイン造りは、モメサンの経営理念とは別個で行われています。1995年に支配人に就任したシルヴァン・ピティオ氏は、区画の生理・選果の見直しなどに力を入れ、近年のクロ・ド・タールの評価上昇につながっています。クロ・ド・タールにおいては、現代のワイン造りで主流となっているクローン苗を全く使用せず、再植樹には自社で育成した苗木を用いています。

    1999年には最新設備付きのドメーヌを建設。醸造設備をすべてステンレスタンクに変更し、温度調節器付きのタンクでの発酵を行っています。さらに、テロワールにおける電気抵抗率の測定・セラー内の湿度管理など、科学的なアプローチも含めてさまざまな取り組みを現在も行っています。今後さらなる質の向上も期待できるでしょう。

    クロ・ド・タールの香りや味わいは、グラン・クリュとしての王道を行く仕上がりです。果実の凝縮感、余韻の長さ、香りの複雑さなど、グランクリュに期待されるすべての要素を、高次元で実現しています。果実味は非常に濃厚であり、タンニン分がシルキーで細やかです。荘厳とさえ言われることもある味わいは、長年にわたり愛好者が絶えません。

    あらゆるタイプのワインでモメサンの評価は高い

    モメサンがこだわるのはあくまでもワインの品質であり、実績年数ではありません。有名なボージョレ・ヌーヴォーはいくつかの種類があり、いずれも高い評価を得ています。中でも「ヴァンダンジュ」シリーズは人気のある限定商品で、ラベルにその年のブドウの収穫日が記載され、シリアルナンバー・生産数も刻まれる、ボージョレの中でも特筆すべき商品です。

    グランクリュであるクロ・ド・タールの評価は、世界レベルでトップクラスです。販売価格は1本あたり50,000円前後が相場であり、ボルドーの1級シャトー並みとなっています。ワインアドヴォケイト・ワインスペクテーターともにクロ・ド・タールを高く評価しており、様々なヴィンテージで95ポイント前後の高得点を獲得しています。