• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)












    商品カテゴリ一覧 > ブルゴーニュ > ブルゴーニュの注目生産者 > フランソワ・ラマルシュ

    フランソワ・ラマルシュ

    Francois Lamarche

    神に愛された土地、ヴォーヌ・ロマネの老舗ラマルシュ


    ラマルシュ家は、1700年代の半ばには、創業を始めた老舗のドメーヌで、地元コート・ド・ニュイとの深いつながりを誇りにしています。

    フランソワ・ラマルシュがいくつものブドウ畑を所有しているヴォーヌ・ロマネは、ブルゴーニュの中でも人気の高い赤ワインです。世界的にも名高い超高級ワイン、ロマネ・コンティの畑がある村としても有名です。ヴォーヌ・ロマネは、ワイン愛好者にとって「神に愛された土地」とも呼ばれるほど、素晴らしいワインを造り出す村として広く知られています。

    そのため、3.6平方キロメートルという小さな村に、ロマネ・コンティなど単独でAOCを名乗れる6つもの特級の畑があるのです。まさしく「神に愛された土地」という称号がピッタリです。

    モノポールのグラン・クリュ、「ラ・グランド・リュ」


    特にフランソワ・マルシュが単独で所有している「ラ・グランド・リュ」は、古代ローマの時代からブドウの栽培が行われていたという記録が残っているほど、ブドウの育成に最適な地域でした。1450年に初めて、この地域の小さな畑を合わせた約1ヘクターほどの区域が記録に登場し、幾人もの所有者が変わったあと、1933年にラマルシェ家のアンリが、このラ・グランド・リュ区域全体を購入します。

    東西に約300メートル、南北に約50メートルの細長い形をした1.7ヘクタールのラ・グランド・リュは、実際、ロマネ・コンティに直接隣合わせた土地です。ロマネ・コンティの土地からバランスの取れた優れたワインが造りだされるのと、全く同じ条件を兼ね備えています。

    この「神に愛された土地」ヴォーヌ・ロマネ村は、コード・ニュイ地区のちょうど真ん中に位置しています。村全体がすべて東南向きの斜面に位置しているため、くまなく太陽の恵みを存分に受けることができます。標高も平均して234メートルと、ブドウにとって暑すぎず寒すぎずというちょうど良い具合です。

    村の土壌は石灰質と粘土質がちょうどよい配合なため、この村からは力強さとエレガンさを併せ持った素晴らしいワインができるのです。

    以前はプルミエ・クリュだった「ラ・グランド・リュ」


    ところが、1936年にINAOによる等級付けが行われた結果、隣にあるロマネ・コンティがグラン・クリュだったのとは異なりプルミエ・クリュと規定されてしまいました。1980年、ラマルシュ家の度重なる要請によって、ついに再査定のための調査が始まりました。

    この改定のためには、土壌の分析、近隣で生産されたワインとの比較、そして近隣の生産者との面談という、いくつもの課題をクリアすることが必要でしたが、全ての要件を満たし、ついにグラン・クリュの認定を受けるに至りました。ブルゴーニュワインにおける等級の昇格は、これまで、モレ・サン・ドニ村のクロ・ド・ランブレイとこのラ・グランド・リュだけということを鑑みても、いかに困難なことが想像ができます。

    1985年に現在のドメーヌ名になっているフランソワが父親から、事業を受け継ぎます。グラン・クリュに昇格してから最初の収穫である1991年のラ・グランド・リュを手掛け、ドメーヌの発展に貢献します。

    2000年には品質を安定させるとして、新しい発酵タンクの導入を決定します。

    有機栽培への転換、新たなる挑戦


    この老舗のドメーヌに、2003年にフランソワ・ラマルシュの娘ニコルが醸造を始め、名のナタリーがセールス部門を担当することにより、新しいラマルシュがスタートしています。

    2006年になると、父親とは全く別に彼女一人でワインを生み出すことに成功します。自然を重んじるニコルは、徐々に有機栽培農法を取り入れ、現在では完全な有機農法に変換させました。収穫も伝統的な手摘みの方法を取り、畑と醸造所の両方でブドウの果実を2重に行い、品質の管理を徹底して行っています。精巧さを好むニコルならではです。

    醸造には、低温浸漬の期間を長くして、発酵中はブルゴーニュで一般的なビジャージュではなくルモンタージュによって、優しい方法で醸すようにしています。また、新しい樽をグラン・クリュには80〜85%、プルミエ・クリュには60%、その他のワインに40%と高い比率で使用しています。

    徹底した有機農法への絶え間ない努力の結果、2012年には、リアル・ワイン・ガイドでこれまでにない高得点を獲得するなど、徐々にニコルのワイン造りの才能が、ラマルシュのワインの出来に反映されています。特に、これまでの重厚なワインに、ニコルの女性的な華やかさやエレガントさが加わったというのが、もっぱらの評判です。

    フランソワ・ラマルシュの主要アペラシオン


    ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ・ラ・クロワ・ラモー
    ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ・レ・ショーム
    ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ・レ・スーショ
    ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ・オー・マルコンソール
    エシェゾー グラン・クリュ
    クロ・ド・ヴ―ジョ グラン・クリュ
    グラン・エシェゾー グラン・クリュ
    ラ・グランド・リュ グラン・クリュ