• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)







    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > サン・テミリオン

    サンテミリオン Saint-Emilion

    ボルドーの右岸と言われるエリアの中で、最も規模が大きく格式も高いのが、このサンテミリオン。方角的にはドルドーニュ川の北側に位置し、協会や石畳など中世の雰囲気がそのまま残る街並みは、1999年にワイン産地としては初めてユネスコの世界遺産に登録されています。人口わずか2000人ちょっとの小さな地域ですが、実に年間50万人もの観光客が訪れると言います。

    ボルドー市内から車で1時間かからない程の距離ですが、一枚岩を削って作られているモノリス教会や、街全体を覆うような石畳は圧巻。名物のマカロンを食しながらの観光は、ワイン好きで無くても一度入ってみたい観光地の一つです。

    ボルドーの商業の中心地が左岸だった事や、海に近いメドックがイギリスなどへの輸出に便利だったこともあり、1855年の格付けがメドックのワインが対象になった事からも分かるように、商業的にはやや出遅れた感もあるサンテミリオンですが、メドックやグラーヴがカベルネ・ソーヴィニヨン中心のタンニン豊富なワインを造る一方で、メルローやカベルネ・フランを中心に、柔らかみのあるタンニンと芳醇な香りは、左岸とボルドーとはまた違った魅力を感じさせてくれます。

    サンテミリオンの土壌 サンテミリオン・グラーヴとサンテミリオン・コート


    サンテミリオンの土壌は大きく2つに分ける事ができます。西側のポムロルにほど近いエリアは、砂利と砂混じりの土壌で、サンテミリオン・グラーヴと言われ、主なシャトーにシュヴァル・ブランやフィジャックがあります。左岸では砂利土壌には圧倒的にカベルネ・ソーヴィニヨンが多いですが、サンテミリオンではカベルネ・フランが中心となります。シュヴァル・ブランはカベルネ・フランの比率が半分を超えるワインで、ボルドーのトップシャトーや世界の高級ワインを見渡しても、これほどまでにカベルネ・フランの比率が高いワインは他にありません。

    一方で、南東にある街の中心部の周辺にある高台のエリアは、石灰岩が中心。サンテミリオン・コートと呼ばれるこのエリアには、シャトー・オーゾンヌやパヴィなど、最上位格付けのシャトーが軒を連ねます。ブドウはこちらもメルローとカベルネ・フランが中心。

    海の影響を受けにくく、寒気が溜まりやすい事などから、晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンは不向きと言われていますが、近年の温暖化の影響もあるのか、カベルネ・ソーヴィニヨンに植え替える生産者も徐々に増えてきてはいます。

    波乱とサクセスストーリーを産み出す、見直しありのサンテミリオンの格付け


    1855年に制定されたメドックやソーテルヌの格付けが、150年以上たった今でも一部の例外を除き不変なのに対し、サンテミリオンの格付けは約10年に一度見直されるという、特徴があります。

    メドックの格付け制定から約100年が経った1958年に初めて正式に法定されたサンテミリオンの格付け。その階級は大きく分けて3つです。

    プルミエ・グラン・クリュ・クラッセA(第一特別級A)
    プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第一特別級B)
    グラン・クリュ・クラッセ(特別級)

    他に、サンテミリオン・グラン・クリュというワインがありますが、これはAOCの名前で、AOCサンテミリオン以上の厳しい規定をクリアしたワインが名乗ることが出来ます。優れたワインではありますが、格付けではありませんので注意して下さい。

    1958年の設立当初はプルミエグラン・クリュ・クラッセAが2シャトー、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセBが10シャトー、グラン・クリュ・クラッセ63シャトー。その後1969年、1986年、1996年、2006年と改変が行われました。

    格付けの見直しがあることで、志の高い生産者はより高い階級を目指すことが可能な一方で、中には降格するシャトーもあり、その場合は大きな不満が生まれることになります。同様に格付けの見直しが行われるメドックのブルジョワ級も、降格したシャトーが裁判を起こし大揉めになったのと同じく、2006年の格付け見直しの際に降格したシャトーが裁判を起こし、一時的に96年の格付けに戻す一方で、昇格したシャトーに関してはそのまま有効とする暫定的な措置が取られました。

    その後、2012年に正式に格付けが見直されましたが、この見直しはかなり衝撃的なものでした。格付け制定当初から、シュヴァル・ブランとオーゾンヌの2つのシャトーにしか認められていなかった、プルミエグラン・クリュ・クラッセAに、パヴィとアンジェリュスが昇格し、4つとなったのです。これはメドック第1級の5大シャトーに新たにシャトーが追加されたようなもので、ワイン業界に大きなニュースとなりました。特にアンジェリュスは1958年当時はグラン・クリュ・クラッセ格付けだったのが、1996年にプルミエ・グラン・クリュ・クラッセBに昇格、2012年にはプルミエ・グラン・クリュ・クラッセAに昇格と、見事なサクセスストーリーを演じたのです。

    1980年代後半に、僅か0.6haからスタートし、車庫で造れるような小規模なワイン=「ガレージワイン」と言われたシャトー・ヴァランドローや、1996年に実質的なファーストリリースがされたラ・モンドットも2012年にプルミエ・グラン・クリュ・クラッセBに昇格するなど、歴史が浅いシャトーでも、その実力が認められる事を証明する、サンテミリオンならではの格付けとなりました。

    サンテミリオンの衛生地区


    サンテミリオンの北側には、サンテミリオンのサブエリア的な存在である、衛生地区(サテライト)と呼ばれる地域があります。まだ本格的に資本投下されておらず、今後の品質向上が期待できるエリアとして注目されています。

    モンターニュ・サンテミリオン
    リュサック・サンテミリオン
    サンジョルジュ・サンテミリオン
    ピュイスガン・サンテミリオン

    2 件中 1-2 件表示 


    2 件中 1-2 件表示 



    88 件中 1-20 件表示  1 2 3 4 5 次のページへ最後のページへ

    シャトー・パヴィ 2000 赤 <br>Chateau Pavie  スピード出荷

    DMコード:0001シャトー・パヴィ 2000 赤 
    Chateau Pavie スピード出荷

    • スピード出荷品

    通常69,800円のところ
    価格59,800円(税抜)

    数量
    詳しく見る

    アウレリウス 2012 赤 <br>Aurelius  スピード出荷

    DMコード:0019アウレリウス 2012 赤 
    Aurelius スピード出荷

    • スピード出荷品

    通常3,590円のところ
    価格2,990円(税抜)

    数量
    詳しく見る




















    88 件中 1-20 件表示  1 2 3 4 5 次のページへ最後のページへ