• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > サン・テミリオン > サン・テミリオン格付け > クロ・フルテ

    クロ・フルテ

    Clos Fourtet

    クロ・フルテは、ボルドー地方右岸に位置するサン・テミリオン地域の生産者です。彼らのシャトーとブドウ畑は、石灰岩の台地の真上にあるサン・テミリオンの町からわずかの距離にあります。

    キュヴリエ家によって所有・運営されており、その敷地は20ヘクタールあります。シャトーのオーナーは父フィリップですが、経営は息子マチューが担当しています。また、キュヴリエ家は、オー・メドック地区にあるムーリ=ザン=メドック村のシャトー・プジョーも所有しています。

    歴史あるこのシャトーは、常に優れたワインを提供し続けており、彼らの生産するプルミエ・グラン・クリュ・クラッセは、サン・テミリオン特級格付けで第一特別B級(プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB)の称号を得ています。

    クロ・フルテの歴史


    クロ・フルテの長い歴史はヨーロッパ中世まで遡ることができますが、このシャトーはボルドーワインを生産する土地として始まったわけではありませんでした。完璧と呼べるテロワールを所持していたのにも関わらず、サン・テミリオンの村に近接しているという理由から、当時はカンフルテと呼ばれる守備砦として建てられました。

    18世紀後半、シャトー・フィジャックの所有者であったエリー・デ・カルルが、同時にクロ・フルテを所有していました。その後、ルロー家によって今日存在するシャトーは建設され、1868年にカンフルテの名は、クロ・フルテへ変更されました。

    クロ・フルテの近世は、1919年にフェルナンド・ジネステが購入したことで始まります。大きな力を持っていたジネステ家は、いくつかのブドウ畑を所有しており、またネゴシアンとしても成功を収めていました。しかし彼らは、当時所有していたシャトー・マルゴーの経営資金を得るため、1949年にクロ・フルテを売却しました。そしてこのシャトーは、リュルトン家へ引き継がれました。

    その後、クロ・フルテは、ピエール・リュルトンによって管理し続けられ、2001年に現在の所有者であるキュヴリエ家へ引き継がれました。

    フィリップ・キュヴリエは、自身が完全にボルドーのワイン生産者となる前、リールで文房具会社を営んでいました。1999年にその会社を売却し、その後はクロ・フルテのオーナーとして、経営を任せている息子マチューと共に素晴らしいワインを生み出すため精進しています。2013年3月には、サン・テミリオン、シャトー・デ・グランド・ミュレイユ、クロ・サン・マルタン、そしてシャトー・コート・ド・バローにおいて土地を追加購入しました。

    クロ・フルテのブドウ栽培とワイン造り


    クロ・フルテのブドウ畑では、メルロー85%、カルベネ・フラン10%、カルベネ・ソーヴィニヨン5%が植えられています。テロワールは、石灰岩と粘土が含まれており、彼らの栽培する最高のブドウは、シャトーに近い石灰岩の台地の頂上にあります。また彼らは、シャトー・カデ・ピオラの隣にあるアペラシオンの北部に、小さな区画のブドウ畑を所有しています。そこで収穫されるブドウは、主に「ラ・クロズリー・ド・フルテ」というセカンドラベルを生産するために使用されています。

    ブドウの木は定期的に再栽植されるため、平均樹齢は35年ほどで管理されています。ブドウの収穫量は常に40ヘクトリットルほどに抑えられていますが、栽植密度が非常に高く、これまでは1ヘクタールに付き6000本の木が植えられていましたが、9000本へ増加しています。

    彼らは有機農法やバイオダイナミック農法を採用し、持続可能なブドウ栽培を実践しています。その技術は、彼らが生産するワインに非常に良い効果を与えることができるため、バイオダイナミック農法を用いて栽培を行うブドウ畑の割合を、ゆっくりと増加させ続けてきました。一歩一歩、バイオダイナミック技術の実験を続けることで、ボルドーでのワイン造りがより自然なものになるよう努めています。

    収穫は小さなカゴを使用し、すべて手作業で行われます。最も柔らかく、テロワールの個性を引き出すことを可能とするブドウを選別しながら、最小限の量を収穫していきます。

    クロ・フルテのワイン造りでは、ブドウの全果実を発酵させます。醸造には、温度制御されたステンレス鋼の樽が使用されます。重力のみに頼り、ブドウは小さなステンレス鋼の樽の中へ上品に落ちていきます。マロラクティック発酵はバレルで行われ、熟成には60〜80%新しいフレンチオーク樽が使用されています。

    彼らは、他の生産者達とは異なる、特別なセラーを所有しています。それは、その土地の自然の力で生み出された、地下にある洞窟のことです。13ヘクタールに及ぶその洞窟は、彼らのブドウ畑の下に広がっています。暗くて落ち着いた、まだ変色していない石灰岩でできたこの広大な洞窟は、地上から6〜12メートル下に隠れています。この自然のセラーは、とても審美的であり、且つワイン造りにとって機能的です。純粋な空気を取り込み、その空気が循環することで、保管されている250本のバレルと10万本のボトルにとって非常に優れた自然の気候を生み出します。

    この神聖な場所で、ワインは18か月間熟成されます。このようにして生み出されるワインの年間生産量は、平均4500ケースほどです。

    クロ・フルテのワイン造りは、オーナーの息子であるマチュー・キュヴリエによって管理されていますが、最高のワインを生産する上で、天才醸造家として有名なステファン・ドゥルノンクール氏や、長年に渡りシャトー・ペトリュスの醸造を管理してきた世界的な醸造家であるジャン=クロード・ベルエ氏に相談をしています。独自の理念を大切にしつつ、多方面で知識の豊富な方々の意見を参考にすることによって、より優れたワインを生み出すことを心がけています。

    クロ・フルテが生産するプルミエ・グラン・クリュ・クラッセのワインは、彼らが手掛ける最高のワインです。滑らかで純粋な自然の香りを放つこのワインは、テロワールの持つ比類のない可能性を魅力的に表現しています。彼らはこの宝石が、次世代へと続いていくように、今日も努力を惜しまず、探求を続けています。

    2 件中 1-2 件表示 

    クロ・フルテ 1973 赤 <br>Clos Fourtet 1973  スピード出荷

    クロ・フルテ 1973 赤 
    Clos Fourtet 1973 スピード出荷

    • スピード出荷品

    価格12,900円(消費税込:13,932円)

    在庫切れ


    クロ・フルテ 2011 赤 <br>Clos Fourtet 2011  スピード出荷

    クロ・フルテ 2011 赤 
    Clos Fourtet 2011 スピード出荷

    • スピード出荷品

    価格10,900円(消費税込:11,772円)

    在庫切れ



    2 件中 1-2 件表示