• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)







    商品カテゴリ一覧 > ローヌ > ローヌの注目生産者 > ギガル

    ギガル

    GUIGAL

    ドメーヌ・ギガルは、ローヌ渓谷北部を代表する生産者です。コート・ロティ、コンドリュー、エルミタージュなどを含む、多数のアペラシオンを所有しており、その全てを合わせると60ヘクタールに及びます。またギガルは、ローヌ南部において2番目に大きなネゴシアンでもあり、年間3万5000ケース近くの販売を行っています。

    かつて有名なワイン評論家であるロバート・パーカーから「この惑星で最も優れたワインメーカー」と称され、過去30年間にパーカー100点満点を世界で最も多く獲得。

    「もし私が無人島にただ1本だけワインを持って取り残されるとしたら、そのときはE・ギガルのコート・ロティ・ラ・ムーリーヌにするに違いない。」

    とまで絶賛されています。

    所有しているアペラシオンとして有名なコンドリューでは「ラ・ドリアーヌ」を、そしてコート・ロティでは三兄弟と呼ばれる「ラ・ムーリーヌ」「ラ・テュルク」「ラ・ランドンヌ」、そして「シャトー・ダンピュイ」といった、非常に優れたワインを生産しています。

    ギガルの歴史


    ギガル社には、3世代の家族が引き継いでいる60年の歴史があります。1946年に創業者エティエンヌ・ギガルによって、コート・ロティアペラシオンの発祥地であるアンピュイという小さな古い村で、その歴史は始まりました。

    末っ子として生まれたエティエンヌの家庭はとても貧しく、彼は幼くして家を出て働くことになりました。1924年、当時14歳であったエティエンヌは、ローマ渓谷最古のワイナリーであるヴィダル・フルーリーで働き始めました。彼はコート・ロティの地で67回の収穫・醸造に携わりました。1946年に退職し、現在のギガル社を創業しました。

    しかし、エティエンヌはその後、突然の失明に侵され、1961年、まだとても若かった彼の息子であるマルセル・ギガルが、父の代わりに経営を引き継ぎました。1973年、マルセルの妻であるバーナデットが経営を手伝うようになり、共に家族経営の事業の発展に努めました。

    1975年、彼らの息子フィリップが誕生しました。今日、ギガル社の指揮を取るのはフィリップです。彼は妻のイヴと共に3代目となり、ローヌ渓谷の素晴らしいワインを提供するという家族事業を継承しています。

    1984年、ギガル社は同社誕生のきっかけを与えたヴィダル・フルーリーを買収しました。ヴィダル・フルーリーはギガル社に属してはいますが、商業的および技術的な自治権は維持しています。

    1995年にはシャトー・ダンピュイを手に入れ、そこはギガル社の本部となりました。しかし、オフィスや地下室は昔ながらの小さな村であるアンピュイに残されています。

    ギガル社は、ローヌ北部に位置するコート・ロティ、コンドリュー、エルミタージュ、サン・ジョセフ、そしてクローズ・エルミタージュといったアペラシオンから生産するワインを、アンピュイにある地下室で醸造・熟成させます。また、南部の名門ワインであるシャトーヌフ・デュ・パプ、ジゴンダス、タヴェル、そしてコート・デュ・ローヌも、この地下室にて熟成されます。

    2001年にはジャン・ルイ・グリッパとドメーヌ・ド・ヴァルイの2つを買収し、事業をさらに拡大させました。また2006年には、ドメーヌ・ド・ボンスリーヌを手に入れましたが、ギガル社からは独立した状態を維持したまま、その開発を支援しています。

    エティエンヌ・ギガルが、わずか数平方メートルの小さな地下室から始めたギガル社は、今日3ヘクタールの地下室と樽やタンクを収納するギャラリーを所有しています。

    ギガルのワイン造り


    ギガル家族は、選りすぐりのアペラシオンから、特に優れた区画のみを購入し続けてきました。彼らは今日、5〜10年の間植栽する必要がないように、ブドウ園を順序立てて再構築しています。それは、自身が持っている土地の土壌や気候を信頼しているからこそできることです。

    彼らはブドウ栽培において、独自の哲学を持っています。厳密に制限した数のブドウの若芽を刈り取り、低精力・低収穫をベースに、自然のバランスを考えながら栽培を行います。農薬、除草剤、化学物質などは、一切使用されていません。

    ギガル社の醸造方法は、ワインの世界では特異なものです。そしてそれは、優れたブドウを収穫することで可能となります。彼らの方法は、ローヌ渓谷の長い歴史に伴った伝統に耳を傾けるものであり、それはタンニンと香りを統合し、非常に複雑で洗練されたワインを作り出すことができます。ギガルでは "シンプル" なワインは作っていません。

    すべてのワインは天然の酵母発酵を受け、手を加えるのは最低限であり、ファイニングやフィルトレーションは行いません。最も優れたギガルのワインは、3年〜3年半という長い時間をかけて樽で熟成されます。コート・ドゥ・ローヌを生産するための古いシラーのブドウの小包でさえ、6か月間樽で熟成させます。これはコート・ドゥ・ローヌのカテゴリーの中で、まったく非典型的な方法です。ギガルはこの熟成プロセスを、非常に厳密に行っています。

    彼らが使用する樽は、シャトー・ダンピュイにいるたった一人の職人の手によって、毎日5つ生産される100%オーク樽です。ギガル社はローヌ渓谷で唯一、樽を自家生産しているワイナリーです。これらの樽はローヌ北部のワインを対象としていますが、ローヌ南部のワインにも、厳しい仕様に基づいて作られた樽を使用しています。

    ギガルはユニークなネゴシアンでもあります。長期的な栽培パートナーからブドウを購入し、ブドウの保有量を補っています。合計すると、コート・ロティの33%、コンドリューの45%を醸造し、彼らが働く全ての地域から最高のブドウを手に入れることができます。

    ローヌ南部では、独特な方法でワインのみを購入しています。マルセルとフィリップはあらゆるワインを味見し、それは毎年ゼロから始まります。彼らは単一の契約を結びません。長期契約を結ぶために、自分達で味見をし、ローヌ南部の非常に優れたワインから1%を選択します。また、購入するワインは早期に決定します。時には、マロラクティック発酵が完了する前に決めてしまいます。素晴らしいワインを見つけた場合、ビンテージや価格の考慮に関係なく購入します。

    ローヌ渓谷で最高のブドウとワインを見つけるためのギガルの倫理は、「苦労は楽の種」ということです。

    ギガルのワインは、ローヌに存在する全てのアペラシオンのベンチマークであり、ギガル家族は毎年、すべてのクラスで優れた品質のワインを生産しています。

    ワイン・アドヴォケイトにより「ギガル家族は、現代の世界で最も優れた家族経営のワイナリーであり、それは非の打ち所のないほど高基準で、誠実で、将来に妥協のないビジョンを持つ最高のものである」と評価された彼らのパフォーマンスに、今後ますますの期待をかけざるを得ません。

    32 件中 1-20 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ






















    32 件中 1-20 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ