• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)


















    商品カテゴリ一覧 > ローヌ > ローヌの注目生産者 > ペラン(シャトー・ド・ボーカステル)

    ペラン(シャトー・ド・ボーカステル)

    Perrin(Chateau de Beaucastel)


    好条件のテロワールで、有機農法を徹底し、世界中で高い評価を獲得しています。シャトーヌフ・デュ・パプの認定13種類をすべて使用している、希少な造り手です。

    歴史と由緒のあるシャトー


    シャトー・ド・ボーカステルの歴史は古く、300年以上もの昔から存在します。その土地は、1687年、ボーカステル家がプロテスタントからカトリックへ改宗したことへの褒美として、時の権力者で「太陽王」とも呼ばれたルイ14世から譲り受けたものであり、大変に由緒ある土地です。

    1909年、良いブドウを生み出すことで高い評価を受けていたその土地を、ペラン家が取得します。その畑を2代目のピエール・ペラン氏が拡大し、3代目のジャック・ペラン氏が現在の基礎を築き上げました。

    ジャック・ペラン氏のワイン造りに対する崇高な精神は、息子たちのジャン・ピエールとフランソワ、そして5代目にあたるマルク・ペラン氏にも受け継がれています。 また、代々受け継がれてきた畑だけあり、その平均樹齢が65年という点も見逃せません。樹齢100年を超えるものがあるのも、長い歴史の賜物だと言えるでしょう。

    恵まれたテロワール


    シャトー・ド・ボーカステルは、フランスのローヌ地方のシャトーヌフ・デュ・パプという場所にあります。ローヌ地方は、フランス第二の都市であるリヨンの南から、ローヌ渓谷沿いに地中海の手前まで南北に伸びた、フランスにおける一大ワイン産地です。その中でも、南部ローヌのシャトーヌフ・デュ・パプは、アヴィニョンの近郊にあり、13種類のブドウをブレンドしてワインを造ることが許可されている、南部ローヌの中でも独特かつ代表的なワインの産地なのです。

    ローヌの中でも最大と言われるシャトー・ド・ボーカステルの畑は、全部で130haもあり、そのうちの70haがシャトーヌフ・デュ・パプの最北端に位置しています。この畑には、「ミストラル」と呼ばれるこの地方特有の冷涼な風が吹きぬけるため、気候は温暖ながらも、ブドウは過熱することを免れ、上質な酸を含んだブドウへと成熟します。

    また、この地は中新世の海洋性砂岩という地質で、アルプス氷河のなごりである大きな石がゴロゴロしています。その石が日中の熱を蓄え、夜間にブドウを暖めてくれるため、ブドウの生育を促すと言われています。

    徹底した有機農法


    ワインの価値を決めるのは、もちろんそのテロワールも大事ではありますが、忘れてはならないのがその造り手です。先述のように、シャトー・ド・ボーカステルはテロワールに恵まれており、設立して間もない頃から高い評価を得ていました。それでも、それに甘んじることなく、シャトー・ド・ボーカステルをローヌの中でもトップクラスまでその評価を高めた人物が、3代目にあたるジャック・ペラン氏です。

    ジャック氏は、化学肥料が多用されていた1950年代に、他の造り手に先駆け、いち早く有機農法を導入しました。化学肥料を使わないということは、使う場合よりも何倍も手間とコストがかかります。そのため、彼は世間から変わり者扱いされたとのことです。しかしながら、昨今の風潮では、量より質が重視され、多くの生産者がこのような有機農法に切り替えています、そのため、彼の先見の明は素晴らしかったと言えるでしょう。5代目に代替わりした現在でも、化学肥料を使わない有機栽培を徹底して行っています。

    ビオディナミの認定も取得していますが、マルク氏はそれをあえてアピールしないそうです。それは、自然農法が、美味しいワインを造るための手段であり、ワインを売るための方法ではないからだと考えているからです。

    認定13種類すべて使用したワイン造り


    先述したように、シャトーヌフ・デュ・パプはグルナッシュやシラーをはじめとする13種類の品種が認められています。そのうち何種類をブレンドするかは造り手に委ねられているのですが、4代目のジャン・ピエール・ペラン氏は、品種が多くブレンドされている方がワインの味わいに複雑さが増すと考え、13種類すべての品種のブドウを栽培しています。実際、13種類が認可されているものの、このようにすべての種類を使用する生産者はごく稀です。

    ブドウはすべて手摘みで収穫され、選果も手作業で行われています。発酵の際は、パワフルな性質を持つシラーやムールヴェドルは木製タンクを、多品種はコンクリートタンクを使用し、それぞれのブドウの性質に合わせて行っています。

    その後、品種ごとに試飲して、ブレンドの比率を決定しています。ブレンドの比率がヴィンテージによって異なるため、ヴィンテージごとに違った個性が楽しめるのもシャトー・ド・ボーカステルの魅力のひとつと言えるでしょう。

    世界中で高い評価を獲得


    家族経営で品質向上に取り組んできたシャトー・ド・ボーカステルは、世界的にもトップクラスの評価を受けています。ワイン評論家のロバート・パーカー氏も、「南ローヌ最高のワイン」として5つ星の最高評価を与えています。また、様々なワイン評価誌や取り引きサイトなどにおいても、最高評価を得るなど、その躍進は留まることがありません。 さらなる高みを目指すマーク・ペラン氏の動向にも、今後も一層目が離せなくなるでしょう。

    11 件中 1-11 件表示 













    11 件中 1-11 件表示