• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    ご注文の際の新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント中(ポイントについて)












    商品カテゴリ一覧 > シャンパーニュ > シャンパーニュの注目生産者 > ルイ・ロデレール

    ルイ・ロデレール

    Louis Roederer

    2世紀以上にわたる同族経営のシャンパン・メゾン


    1776年、シャンパーニュ地方ランスに、ルイ・ロデレールの前衛となる「デュボワ ペール&フィス」がデュボワ親子によって設立されます。

    その後、甥であったルイ・ロデレールが1833年にこのメゾンを受け継いだ時、名称を「ルイ・ロデレール」と改めます。ここから、シャンパーニュ地方でも有力なメゾンの一つとなる「ルイ・ロデレール」の歴史が始まっていきました。

    ブドウの値段が大変安かった1845年当時、ルイ・ロデレールは15ヘクタールのグラン・クリュ(特級畑)を購入します。ルイの目的は、畑を耕しブドウを栽培することから、醸造及び最後の瓶詰めまでの工程を自ら理解し、自分の造るシャンパンのヴィンテージとクオリティを完璧なまでに管理・追求することでした。

    以降、メゾン ルイ・ロデレールの全てのヴィンテージ・シャンパンは自社畑から造られておいます。さらにルイは、フランス国内だけではなく、販売網をロシアとアメリカまで広げていきました。

    ルイ・ロデレール2世とキュヴェ「クリスタル」


    1870年、ルイの息子ルイ・ロデレール2世がメゾンを受け継ぎます。彼は、若くして亡くなってしまいますが、現在でも世界中でプレスティージュ・キュヴェとして飲まれている「クリスタル」を世に残しました。

    メゾン・ルイ・ロデレールのシャンパンの愛好家であったロシア皇帝は、メゾンに自分のために最高のキュヴェを製造するよう依頼します。ロシア皇帝は、わざわざ自身専属のソムリエを毎年ランスに派遣させ、そのキュヴェの製造に関わらせたほどです。

    さらに、自分のための特別なキュヴェとしてボトルの素材にはクリスタル(水晶)を使用するよう命じます。メゾンは、ガラス職人に依頼し、このキュヴェの為に新しいボトルを作成します。

    ロシア皇帝の紋章入り、透明なクリスタルのボトルで出来た極上のキュヴェは、こうして1876年、「クリスタル」という名称で誕生しました。

    ルイ・ロデレール2世が亡くなった後、メゾンは妹レオニー・オルリーとその夫のジャックに、そして、彼らの息子レオン・オルリー・ロデレールへと引き継がれていきます。

    レオン・オルリー・ロデレールは、第一次世界大戦によって販売網の打撃を受け、ロシア革命によって上等の顧客であったロシア市場を失い、さらにはアメリカにおける禁酒政策によってアメリカ市場への販売も断たれてしまいます。

    1932年、レオン・オルリー・ロデレールが亡くなった頃、メゾンは倒産の危機にまで追い込まれていました。1933年以降は、レオン・オルリー・ロデレールの妻カミーユがメゾンを引き継ぎ、その後40年に渡ってメゾンの経営修復に奔走します。

    そして、レオン・オルリー・ロデレールの孫であり、醸造学者・農業工学者であったジャン=クロード・ルゾーがカミーユの後を継ぎます。シャンパン・メゾンのオーナーとして、醸造学者としての肩書きを持っている人は、そう多くはありません。

    彼は、自身の専門性を大いに生かし、ブドウ畑の区画整理に着手します。賢明で向上心あふれるジャン=クロード・ルゾーの仕事ぶりによって、メゾンの個性は大きく引き立てられていきました。

    2006年、ジャン=クロード・ルゾーの息子であるフレデリック・ルゾーがメゾンを引き継ぎ、現在に至ります。

    不屈の精神と誠実さを持ち合わせ、創造性に富むフレデリック・ルゾーのもと、メゾン ルイ・ロデレールは毎年300万本ものシャンパンを世界中に送り届けているのです。

    ルイ・ロデレール・グループ


    メゾン ルイ・ロデレールは、自社のシャンパンだけではなく、各国のワイナリーも買収し傘下に加えています(例:Ramos Pinto(ポルトガル、ポルトワイン)、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテスト・ド・ラランド(ボルドーにその他複数)、Ott(プロヴァンス)、ドゥーツDeutz(シャンパン)など)。

    また、アメリカのカリフォルニア州にロデレール・エステートを所有しています。

    ルイ・ロデレールのテロワール


    2013年の時点で、ルイ・ロデレールは410区画から成る240ヘクタールのブドウ畑を所有しています。それら自社畑は主に、シャンパーニュ地方の3つの優良な地区 モンターニュ・ドゥ・ランス、ヴァレ・ドゥ・ラ・マルヌ、コート・デ・ブランのグラン・クリュ(特級畑)とプレミエ・クリュ(1級畑)に位置しています。

    うち、40ヘクタールはビオディナミ農法によって栽培されており、その全ての土壌は馬によって耕作されています。

    土壌ごとに異なる特徴に合わせ、最高のブドウの熟成を得るために「オーダーメイド」による栽培方法を実践しています。

    メゾンにおける全てのブドウ栽培者たちは、各区画は当然ながら、ブドウ樹一本一本をも把握しています。栽培者たちとブドウ樹の間には独自の関係が構築され、こうした最良の管理のもと、メゾン ルイ・ロデレールのブドウは育てられているのです。

    ルイ・ロデレールのブドウ栽培


    ルイ・ロデレールではシャンパン作りの主要3品種を栽培しています。

    ミネラル感が豊富で、エレガントでバランスが良いシャルドネ、そしてアッサンブラージュ(ブレンド)の要となるピノ・ノワールは、しっかりとした骨格を持ち、シャンパンの良質な熟成へと導きます。品種の特徴として強い個性が少なめなピノ・ムニエは、柔軟性を持ち合わせ、アッサンブラージュでは調和をもたらします。

    全ての区画において、ブドウは細心の注意をもって全て手摘みで収穫され、その場で圧搾が行われます。果汁の輝く金色、透明度を得るために、顆粒や果皮から着色がされないよう、圧搾作業は慎重に行われています。

    ルイ・ロデレールのワイン造り


    大樽の中で、スティルワインはそのクオリティを最大限に表現する主役となり、醸造家たちは、傍でそれを慎重に見守ります。この段階で、ブドウの持つリッチで多様性に溢れる個性が放たれていきます。

    これらのワインは、毎日テイスティングが行われます。そして、アロマの特徴や風味などの性格ごと分けられていきます。その後もテイスティングを何度も繰り返し、さらに厳密に選別がなされ、ルイ・ロデレールのワインは、独自のスタイルを持った最良のワインへ進化していくのです。

    カーヴの責任者と醸造家たちは、これらワインの理想的なバランスが得られてからやっと瓶詰めを行います。そして、次の段階である瓶内二次発酵を3週間から6週間行います。

    薄暗い静寂に包まれた地下カーヴで、いよいよ真のシャンパンへと姿を変えていきます。

    ルミアージュ(動瓶)は機械ではなく、毎日人の手によって行い、ゆっくりとその澱は瓶の口のほうへと集められていきます。そして、デゴルジュマン(澱抜き)の後には、透明で輝くシャンパンが出来上がります。

    このシャンパンに、門出のリキュール(ボトルに打栓をする前の少量のリキュール)を加え、ルイ・ロデレールのシャンパンは完成となります。

    ルイ・ロデレールでは、贅沢な時間を費やしてこのシャンパンという芸術品を造りあげています。

    メゾン ルイ・ロデレールのシャンパンは、長いメゾンの歴史を反映している集大成です。ルイ・ロデレールは常に完璧を求め、独自のテイストを研究し続けてきました。そしてこれからも、「さらに良質なシャンパン」を求め続けていくのです。

    プレスティージ・キュヴェ「クリスタル」


    メゾン・ルイ・ロデレールのシャンパンを愛したロシア皇帝の命を受けて、至高のシャンパン「クリスタル」は1876年に誕生しました。その後、ロシア革命の煽りを受けロシア市場を失い、1917年、「クリスタル」の製造は停止しますが、1924年には世界市場をターゲットに復活を遂げます。

    本物のクリスタル(水晶)を使用することはもうありませんが、極上のキュヴェ「クリスタル」の製造方法は、その昔から変わりはありません。

    キュヴェ「クリスタル」は、ルイ・ロデレール自社畑の中でも最良のクリュ(畑)から造られます。

    石灰質土壌の畑で栽培されているヴィエイユ・ヴィーニュ(樹齢の高いブドウ樹)のブドウからのみ造られており、そのブドウの成熟度は完璧であることが求められます。当然、素晴らしい出来のヴィンテージでしか製造されることはありません。

    約6年間もの長い間カーヴでの熟成を行い、デゴルジュマン(澱抜き)後にさらに8ヶ月寝かせます。

    一切の不純物が排除されたシャンパン「クリスタル」は、バランスが非常に優れ、なめらかなテクスチャーを持ち、その美しい余韻は長く続きます。成熟していながらもフレッシュな風味をもち、柑橘類などフルーティなアロマも備えています。

    素晴らしい熟成を経ている「クリスタル」は、長熟ワインでもあり、20年以上経ってもそのフレッシュさと個性を失うことはありません。