• $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様(保有ポイント:$POINT$)
    | 送料・配送・決済方法 | 会社概要 |
  •  
    本店限定!2018年12月末まで全商品ポイント10倍(10%)!!(ポイントについて)
    新規会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント!






















    商品カテゴリ一覧 > ボルドー > メドック > メドック格付け > シャトー・タルボ

    シャトー・タルボ

    Chateau Talbot

    シャトー・タルボの歴史


    シャトー・タルボは、サンジュリアン村のメドック第4級格付けシャトーです。

    この名門シャトーの名前は、フランスとイギリスが戦った100年戦争(1337−1453)後期のカスティヨン海戦で戦死した、イギリス人ソールズベリー伯爵ジョン・タルボ将軍(日本では、タルボットと表記されることが多い)にちなみます。実際は、彼が、このシャトーを所有したという事実はなく、その軍隊がシャトー・タルボの辺りを本拠としたことから名づけられたらしいです。しかし、「戦いに敗れた将軍がこの畑のどこかに財宝を埋めた」という言い伝えがまことしやかに伝わっているところに、歴史のロマンを感じます。

    1855年のナポレオン3世によるメドックの格付けの際、シャトー・タルボは、サン・ジュリアン村における第4級に認定されました。

    その後、オー侯爵が数十年間シャトーを所有した後、1918年、コルディエ家の所有となり、現在まで続きます。初代のデジレ、その息子のジョージュ、孫のジャン、そして1993年からは四代目ナンシー・ビニヨン・コルディエとロレーヌ・ルストマンが、四世代にわたって培われてきた伝統を尊重しつつ、さらなる高みにシャトー・タルボを引き上げようと、ワイン造りを行っています。

    ブドウ畑は、赤ワイン用のブドウがほとんどですが、1930年代に二代目ジョルジュによって、少しだけ白ブドウが植えられました。それで作られる白ワインも、個性豊かなワインとなっています。

    シャトー・タルボの特徴


    シャトーは、ガロンヌ川のほとりの、おだやかなサン・ジュリアンの丘の上にあります。畑の総面積は110haで、メドックで二番目の大きさを誇ります。それは、サン・ジュリアンの北端、ポイヤック村境に広がっています。その地質は、高級ワインを生み出す第四期のもので、水はけのよいなだらかな小丘を形作っています。

    栽培品種は、カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%です。黒ブドウが105ha、白ブドウは小石が混ざった土壌に、わずか5haだけ植えられています。ブドウ畑の手入れは、メドック地方で最も丹念に行われています。歴代の所有者によって残された古文書に残る詳細に基づいて、畑を細分化した区画ごとに管理されています。

    収穫はすべて手摘みで、180人近い人が丁寧に行います。その後、何度も厳しい選別が行われます。最初の選別は畑で、その後は集果時に行われます。除梗後、光学的選果機、または、比重選果によって選別されます。この一連の作業の丁寧さが、偉大なワイン造りに欠かせない重要な過程と考えられているからです。

    オークとステンレスの2種類のタンクで、区画ごとに醸造されます。2012年に完成した、スケールとスタイルにおいて、卓越したシャトー・タルボの新樽貯蔵室は、2500uの大きさがあり、1800樽が貯蔵できます。17℃に保たれ、18か月間、熟成の時を待ちます。その後、ブレンドが行われますが、ブレンド作業は、収穫に続いて、最も繊細な作業と位置付けられています。醸造学者エリック・ボワスノとコンサルタントのステファン・デレノンクールの指導の下、ナンシーとジャン・ポール・ビニョンが、ブレンドチームとともに、シャトー・タルボの名にふさわしいワインを追求します。

    このように、あらゆる過程において、細心の注意を払って行われた結果が、テロワールを忠実に表現し、なおかつ独特の香りと精密さをもった、シャトー・タルボのワインになるのです。

    品質は第3級レベル。ヴィンテージに左右されにくい安定さも魅力。


    シャトー・タルボは第4級格付けですが、「格付けの見直しがされるときがあれば、第3級に格上げされるべきである」という意見が非常に多いシャトーでもあります。かのロバート・パーカー氏をして、「メドックのワインの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していいだろう。」と言わしめた実力のワインです。

    もう一点、シャトー・タルボがよく語られるのが「ヴィンテージに左右されない品質安定性」ということです。当たり前のようで、自然が相手のワイン造りですから、当たり外れがあってしかるべきものでありながら、安定感があるというのは、なかなかできることではありません。ちなみに、メドック地区のメドック第2級格付けのあるシャトーのワインより、ヴィンテージによっては評価が逆転するときもあります。これは、ひとえに、シャトー・タルボの品質が一定であるおかげです。これゆえ、厚いファン層が、このシャトーのワインを支持しています。

    丁寧に古典的方法で造られたワインは、その存在感をボトルから放っています。凝縮しつつもなめらかなスタイルは、まさにボルドーワインの優雅さと偉大さを体現しています。クラッシックなボルドー好きの方にはぜひ、おすすめしたいシャトーです。

    4 件中 1-4 件表示 

    シャトー・タルボ 2014 赤 <br>Chateau Talbot  スピード出荷

    DMコード:0106シャトー・タルボ 2014 赤 
    Chateau Talbot スピード出荷

    • スピード出荷品

    当店通常7,990円(税抜)のところ
    価格6,990円(消費税込:7,549円)

    数量
    詳しく見る


    シャトー・タルボ 1989 赤 <br>Chateau Talbot 1989  スピード出荷

    シャトー・タルボ 1989 赤 
    Chateau Talbot 1989 スピード出荷

    • スピード出荷品

    価格19,900円(消費税込:21,492円)

    在庫切れ


    シャトー・タルボ 1983 赤 <br>Chateau Talbot 1983  スピード出荷

    シャトー・タルボ 1983 赤 
    Chateau Talbot 1983 スピード出荷

    • スピード出荷品

    価格17,900円(消費税込:19,332円)

    在庫切れ



    4 件中 1-4 件表示